NEW

妊婦さんは要注意!有害ミネラルについて

人間の体は鉄やマグネシウム、カリウムなどの金属を摂り込んで有効利用していますが、毒性が強く、蓄積されると人体に有害な物質(重金属や合成化合物など)もあるんです。

こうした物質を「有害金属」、あるいは有害ミネラルと呼びます。今回はこの有害ミネラルの特徴と、注意すべき食材などを解説します!

7種類の有害ミネラルの特徴
現代社会において、食品汚染・大気汚染・土壌汚染が問題化してきています。

中でも廃液や各種廃棄物、化学肥料などによる海洋汚染は深刻で、海産物にも悪影響を及ぼしています。

有害ミネラルの摂取は、神経細胞や脳に蓄積するので要注意です。水銀、ヒ素、アルミニウムはほとんどの方から検出され、続いてカドミウム、スズ、ニッケルなどが比較的多いようです。

健康にいい魚介類は、有害ミネラルが蓄積されている
魚介類は利点が多い食材ですが、自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で体内に蓄積します。実は日本人の水銀摂取の80%以上が、魚介類由来なんです。

一部の魚介類については地域に関係なく、水銀濃度が他の魚介類と比較して高い種類もあります。

水銀に関する近年の研究報告では、低濃度の水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する結果も多いです。それを踏まえて、妊娠中の魚介類の摂食について注意事項も公表されています。

厚生労働省の調査によれば、平均的な日本人の水銀摂取量は健康への影響が懸念されるようなレベルではありません。

特に水銀含有量の高い魚介類は、大量に食べることを避けて水銀摂取量を減らしつつ、魚食のメリットを活かしていくことがおすすめです。

マグロやキンメダイを多食する日本人は水銀が高値に出る傾向があるため、厚生労働省は妊婦のマグロやキンメダイなどの摂取を、週に80g程度(半身)以下にするよう指導しています。

半減期も有害ミネラルによってさまざまです。鉛の半減期は30~100日ですが、カドミウムの半減期は10~30年もかかるほど。次に紹介する魚介類は、特に注意しましょう。

参考1)
マグロの中でも、キハダ、ビンナガ、メジマグロ、ツナ缶は通常の摂食で差し支えありませんので、バランス良く摂食しください。

参考2)
魚介類の消費形態ごとの一般的な重量は、以下を参考にしてみてください。

o   寿司一貫または刺身一切れ当たり15g程度

o   刺身一人前当たり80g程度

o   切り身一切れ当たり80g程度

まとめ
日本人にとって身近な魚食が、有害ミネラルを摂取する経路になっています。妊婦だけでなく、既婚のお客様でこれから妊活を始めるという人に対しても、こうした話をして食事アドバイスをしてあげましょう。

人間の体は鉄やマグネシウム、カリウムなどの金属を摂り込んで有効利用していますが、毒性が強く、蓄積されると人体に有害な物質(重金属や合成化合物など)もあるんです。

こうした物質を「有害金属」、あるいは有害ミネラルと呼びます。今回はこの有害ミネラルの特徴と、注意すべき食材などを解説します!

7種類の有害ミネラルの特徴
現代社会において、食品汚染・大気汚染・土壌汚染が問題化してきています。

中でも廃液や各種廃棄物、化学肥料などによる海洋汚染は深刻で、海産物にも悪影響を及ぼしています。

有害ミネラルの摂取は、神経細胞や脳に蓄積するので要注意です。水銀、ヒ素、アルミニウムはほとんどの方から検出され、続いてカドミウム、スズ、ニッケルなどが比較的多いようです。

健康にいい魚介類は、有害ミネラルが蓄積されている
魚介類は利点が多い食材ですが、自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で体内に蓄積します。実は日本人の水銀摂取の80%以上が、魚介類由来なんです。

一部の魚介類については地域に関係なく、水銀濃度が他の魚介類と比較して高い種類もあります。

水銀に関する近年の研究報告では、低濃度の水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する結果も多いです。それを踏まえて、妊娠中の魚介類の摂食について注意事項も公表されています。

厚生労働省の調査によれば、平均的な日本人の水銀摂取量は健康への影響が懸念されるようなレベルではありません。

特に水銀含有量の高い魚介類は、大量に食べることを避けて水銀摂取量を減らしつつ、魚食のメリットを活かしていくことがおすすめです。

マグロやキンメダイを多食する日本人は水銀が高値に出る傾向があるため、厚生労働省は妊婦のマグロやキンメダイなどの摂取を、週に80g程度(半身)以下にするよう指導しています。

半減期も有害ミネラルによってさまざまです。鉛の半減期は30~100日ですが、カドミウムの半減期は10~30年もかかるほど。次に紹介する魚介類は、特に注意しましょう。

参考1)
マグロの中でも、キハダ、ビンナガ、メジマグロ、ツナ缶は通常の摂食で差し支えありませんので、バランス良く摂食しください。

参考2)
魚介類の消費形態ごとの一般的な重量は、以下を参考にしてみてください。

o   寿司一貫または刺身一切れ当たり15g程度

o   刺身一人前当たり80g程度

o   切り身一切れ当たり80g程度

まとめ
日本人にとって身近な魚食が、有害ミネラルを摂取する経路になっています。妊婦だけでなく、既婚のお客様でこれから妊活を始めるという人に対しても、こうした話をして食事アドバイスをしてあげましょう。

妊婦さんは要注意!有害ミネラルについてのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ