NEW

元プロサッカー選手が語る「トレーナーの存在の重要性」

【この記事のキーワード】

トレーナーの存在の重要性について、私なりの考え、トレーナーとはこうあるべきだ、と言う部分をお話ししていきます。

 

現役選手だった時、厳しいトレーニングが続くと、心も体も本当に悲鳴を上げる時が出てきます。

 

そんな時に、トレーナーさんの

 

「はい、あと一回!!」

 

の声に、どれだけ後押ししてもらったか・・・

 

トレーニングの知識、フォームの指摘、姿勢のサポート、体のケア・・・

 

どれも、とても大切です。

 

 

しかし、特に選手は、それぞれプライドも高く、言うことを中々素直に聞かない選手も多いです。

 

これは、全てがネガティブな意味ではないです。

 

人生をかけてプレーしている選手にとって、身体は財産、資本になるので、中途半端なアドバイスなどはすぐに感じ、察することが出来ます。

 

今の自分の体に適切なアドバイスかどうか、少しでも疑問が残る段階では、なかなか素直に従えないのが本音でもあると思います。

 

ですので、最終的にはやはり、そのトレーナーさんの人間的な魅力や、信頼関係があってはじめて、お互いに良い仕事が出来ると思います。

 

ですので、

 

「この人の言うことを聞いていれば、間違いない!」

 

と感じれば、逆にどんなに厳しいことを言われても、ついていきますし

 

「あと1本!」

「あと1歩!」

 

と言われれば、もう一歩踏み出せます。

 

 

ワークアウトのトレーナーとトレーニーの関係も、一緒だと、私は思います。

 

トレーニングの知識や、メニューの構築などは、必要不可欠な能力だと思いますが、

 

プラスα

「この人の言うことを聞いていれば結果がでる」

 

と思ってもらえるかが勝負!

とても大切なトレーナーの資質ではないかと思います。

 

これは、現役のスポーツ選手に限っての話になるかもしれませんが、私がお世話になったトレーナーの方は、体だけでなく、心、メンタルの部分も本当にきめ細かくケアしてくださってました。

 

怪我をした時の、メンタルコントロールや、

「気にかけてくれている」

という感覚に、どれだけ救われ、リハビリを頑張れたか・・・

 

信頼しているトレーナーのもとで、安心してトレーニングに打ち込める

“安心感・心地よさ”

これは、本当に素晴らしい時間です。

 

一人だったら妥協していたところを、トレーナーが

 

「はいあと一本!」

「最後まで!」

 

などと声をかけてくれたおかげで、最後の1本を頑張れたのをよく覚えています。

 

知識やスキルだけでなく、トレーニング全体をサポートできる、魅力的なトレーナー、指導者を目指していきます!

Pick Up

元プロサッカー選手が語る「トレーナーの存在の重要性」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ