NEW

腸内環境の重要性

【この記事のキーワード】

, , ,

皆さま、こんばんは!

パーソナルトレーナーの斉藤です。

今回の投稿は、腸内環境の重要性についてお話しさせて頂きます。

近年、腸と健康を関連づけるデータや書籍などが増加しています。


『腸は第2の脳』と言われ腸の健康は全身の健康状態に影響を与えます。

腸内環境を整えるには、善玉細菌の増加が必須です。
偏った食習慣や運動不足は、腸の蠕動運動を低下させ、便秘を引き起こし、悪玉細菌を増殖させます。


腸内細菌を増殖させるためには、腸の蠕動運動を促進させ、便秘を解消する必要があります。


施術の中には腸に直接刺激を与えるものもあり、蠕動運動の補助をし、機能を改善する効果があります。
高い効果をだすためにも消化器系の解剖を理解し、機能や正確な位置を捉える必要があります。

また、近年大腸がんが増加してきていまです。


『がん情報サービス』の『がん患者ランキング』によると大腸癌は男性で3位、女性で2位と上位になっています。

腸内環境の悪化は、不良姿勢やその他の部位の疼痛にも関与している可能性がるため、セラピストやパーソナルトレーナーは理解しておく必要があります。

上記の内容から、生活習慣の乱れや運動不足が腸内環境を悪化させる大きな要因とされています。


腸内環境を向上させるためには、食習慣の改善、特に食物繊維の摂取量を増加させることが重要です。


また、腸は筋肉でできているため、骨格筋と同様に休息を与える必要性があります。

それを実現するものがファスティングです。
ファスティングを行うことで、腸が休息できるだけでなく、体内に溜まった有害物質を体外へ排出し、腸内環境が激的に改善されます。

したがって、腸内環境を良くしたかったらしっかりとしたやり方でファスティングを行ってみることをオススメします。

Pick Up

腸内環境の重要性のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ