NEW

ポッコリお腹に膝や腰の痛み・冷え・便秘…原因は全て太ももに?!

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


≪突然ですが・・・≫
突然ですが、こんな症状はありませんか?

・下半身が冷える
・腰の筋肉のハリや腰痛で悩んでいる
・膝の痛みが気になる
・ランニング痛がある
・反り腰(出っ尻)体型でお腹がポッコリしている
・太ももの前が張る
・内臓下垂による便秘や消化不良がある


≪太ももの前側(大腿四頭筋)の硬さかも?≫
その原因は、もしかすると太ももの前側の筋肉の硬さが原因になっているかもしれません。太ももの前側の筋肉が硬くなることで、なぜそのような不調が起こるのか?その理由をお伝えします。


≪太ももの前側(大腿四頭筋)の働き≫
なぜ太ももの前側の柔軟性の衰えが、このような身体の不調につながるのかは、太もも前側の筋肉の働きを理解することで見えてきますので簡単に解説します。

太ももの前側(大腿四頭筋)は、大腿直筋・外側広筋・中間広筋・内側広筋・の4つの筋肉で構成されています。主な働きは、膝関節の伸展(時膝を伸ばす動き)に使います。中でも大腿直筋に関しては、股関節の屈曲時にも使います。つまり、歩く・走る・跳ぶ・蹴るといった動作を生み出す大切な筋肉です。

 

 

≪不調の原因はこうして生まれる!≫
大腿四頭筋が硬く縮んでしまうと、血流が悪化して下半身の冷えに繋がったり、膝が曲がったり、骨盤が前傾しやすくなります。

骨盤が過度に前に倒れた反り腰の状態では、上半身が前に傾くのを修正しようとして、上半身を起こす働きのある脊柱起立筋が、頑張って上半身を後方に引き戻し続けることになります。その結果、脊柱起立筋の過度な緊張が腰痛の原因へと繋がります。

 

太ももの前側の柔軟性って?あまり気にしたことがなかったし、普段それで困ることもないし…、と軽視されがちなところですが、このように太もも筋肉の働きや柔軟性の有無がもたらす作用を知ることで、ストレッチへのモチベーションも高まりますね^^?

下腹ポッコリや腰痛解消のためにも、そして美脚づくりのためにも「太ももの前側のストレッチ」に意識を向けていきましょう。

次回は、具体的に「太ももの前側のセルフチェック方法とストレッチ」をご紹介します。お楽しみに。
マハロ~♪    

ポッコリお腹に膝や腰の痛み・冷え・便秘…原因は全て太ももに?!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ