NEW

【美脚】一石二鳥のエクサ!鍛えてほぐして動きと姿勢を改善

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


数回のシリーズでお届けしてきました「太ももの前側(大腿四頭筋)の柔軟性セルフチェック&ストレッチ」実践されましたか^^?

今回は今までのストレッチとは違ったアプローチです!

ズバリ、「太ももを鍛えながら太ももの動きを改善する「裏技!」をお伝えします。

ここまでの記事をまだ見ていない方は、ぜひ記事本文の下にある「記事」をクリックして、【ポッコリお腹に膝や腰の痛み・冷え・便秘…原因は全て太ももに?!】の題名の記事まで、さかのぼってシリーズでご覧ください。


≪鍛えて動きを改善する裏技とは?!≫
早速ですが、「太ももを鍛えながら太ももの動きを改善する「裏技!」エクササイズをお伝えします。

1:床にうつ伏せに寝転がります。
2:両脚を伸ばしたまま床から浮かせます。
3:そのまま20秒ほどキープします。
4:一度脚を戻してリラックスして、そのまま腰を左右にゆらゆらシェイクします。
5:もう一度、2~4を繰り返します。

 

OKポイント(注意点)
・腰へのストレスになるので、足を高く上げようとして無理に腰を反らしたり膝を曲げたりしないようにしましょう。

・脚は上に上げるというよりも、つま先を遠くへ伸ばして脚を長くするイメージで上げます。

・始めは5秒・10秒くらいからでもOKです。逆に余裕がある人は30秒キープしたり、もう1セット増やしてもOKです。


このエクササイズでは、膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)の強化と、お尻や太ももの後ろ側(ハムストリング)の筋肉の強化が期待できます。

この時、太腿の前側の筋肉に、ぎゅ~っと力を入れたことで、脳から「緩めなさい」と指令が出て、太ももの前側の筋肉を伸ばしやすくなります。

更に、太ももの後ろ側の筋肉を鍛える(縮める)ことで、その反対側の太ももの前側の筋肉は伸ばされやすくなります。
結果として、太ももの前後の筋肉を鍛えながらも柔軟性の改善にも役立つ動きとして使えます。


≪クールダウンでリラックス≫
最後に仰向けで両膝を抱えながら、腰のストレスを解消してあげましょう。(反り腰(出っ尻)の解消にも有効なポーズです)

 

≪効果を体感≫
ここまで、5回にわたりお伝えしてきました「太もも前側(大腿四頭筋)の柔軟性」の重要性。
【お腹スッキリ・腰痛改善・走力アップのための美脚モモ前ストレッチ】
の記事でお伝えした方法で得られた「太ももの前側のハリ感」を覚えていますでしょうか^^?

ここまでのストレッチを一通り行ってみてから、もう一度セルフチェックを行ってみてください。ストレッチ前とストレッチ後で、太もものハリ感が和らいでいれば、OKなストレッチ効果が出ている証拠です。

きっと、かなりの改善効果を体感できることと思います。焦らずじっくり、確実に柔軟性を育てていきましょう。


≪今回のシリーズのタイトルまとめ≫
参考までに今回のシリーズの記事のタイトルを一覧にまとめておきます。

1:【ポッコリお腹に膝や腰の痛み・冷え・便秘…原因は全て太ももに?!】
2:【お腹スッキリ・腰痛改善・走力アップのための美脚モモ前ストレッチ】
3:【姿勢改善!太ももの前側の柔軟性チェック&ストレッチ第二弾】
4:【反り腰(出っ尻)改善!大腿四頭筋ストレッチ】
そして今回の5:【美脚】一石二鳥のエクサ!鍛えてほぐして動きと姿勢を改善】です。

太ももの前側の柔軟性を高めて、反り腰や腰痛を解消したい人は、ぜひ繰り返し見ながら紹介しているストレッチを実践されてください。

また、今回のシリーズをわかりやすく実践できるように動画も作っていこうと思っていますので、公開時にご案内が届くように、チャンネル登録をしてお待ちください。

YouTube OKWALKTV OK動画:無料チャンネル登録はこちら
http://www.youtube.com/channel/UCpVRY8BdajaiHSwkmqPwXTw?sub_confirmation=1


このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


それでは、本日もしなやかな太ももで美しく歩きましょう♪
マハロ~   

【美脚】一石二鳥のエクサ!鍛えてほぐして動きと姿勢を改善のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ