NEW

広背筋の最も効率よく鍛えるトレーニング理論

今回は広背筋の最も効率的に効かせるトレーニングを紹介します🌟

広背筋は腸骨稜から9〜12肋骨を経て上腕骨小結節稜に付着しています!

つまり腰部から、腕までくっついています!

作用として、肩の伸展 内転 内旋という動作があります!

代表的なトレーニングとして、懸垂やラットプルダウンなどが王道かと思いますが、こちらでは、最大外転から最大内転までの収縮がMAXまで行きません。

屈曲時から伸展時の動きに関しては、良いと思いますが、内転という作用を高める為に、ローローという種目や、マシンのローローであれば、胸にパットがないマシンを選び最大伸展 最大内転を意識するようにしましょう!

伸展作用をメインで行う場合はプルオーバーという種目を行うことをオススメします!

ローローやプルオーバーのやり方を詳しく知りたい方は、プロフィールの公式LINE@までご連絡下さい💫

 

Pick Up

広背筋の最も効率よく鍛えるトレーニング理論のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ