NEW

プロテインを飲んでも筋肉はつかない

【この記事のキーワード】

, , ,

水泳元日本代表の森隆弘です。


プロテインを飲むと筋肉付きますよね?

と言われる事が多いですが・・・


答えは、「付きません」です。


本日は、

プロテインの印象とタンパク質の復習を

してみましょう。


プロテインとはタンパク質の塊の事です

ほぼ確実に言われる言葉です

* 筋肉増強剤とか薬っぽい

* 飲んだら太ったぁ

* 筋トレしてる人が飲むものだとか


誤解されている方も多いです。

 

まず意味として、プロテインは日本語にすると「タンパク質」なのはお伝えし続けてきました‼️

タンパク質を英語にすると「プロテイン」です(当たり前)→でもここ重要です。

 


薬でも筋肉増強剤でも何でもなく、単純にタンパク質という栄養を効率よく摂れるものという理解をお願いします‼️


プロテインはタンパク質なので、この説明しているプロテインは、厳密にはら「プロテイン・パウダー」となります。

※以下プロテインで統一

【プロテイン検証】

その証拠に日本で「プロテイン」と検索するとサプリのプロテインの画像が並びます。

対して「PROTEIN」と英語で検索すると

食材が出てきます。

国内と国外では同じ「プロテイン」でも

かなり認識の違いがあります。

 


プロテインの語源は古代ギリシャ語で

「プロティオス(proteios)」

「プロティオス」の意味は

「第一のもの・もっとも重要なもの」

という意味です。

古代から最も大切な栄養と

わかっていたのですが

現代人の方が知らないかもですね。

【摂取量】

タンパク質は糖質、脂質のように

体に蓄える事ができません。

糖質はグリコーゲンとして

脂質は皮下脂肪、内蔵脂肪として

蓄えられます‼️

 


糖質も質の良くない脂質が摂りやすいため

体脂肪として蓄えてしまうのです。

 

タンパク質は身体の材料のため

色々な身体の不良部分を

修理修復してくれます。


その材料が入ってこないと

質の悪い身体になっていくのです。


このなって行くのが、徐々に進行するため

タンパク質不足と考えない方が

多く病気へと導かれます。

質の良い身体を維持するために

タンパク質を意識的に

毎日摂取して欲しいです‼️

 


筋肉、目、皮膚、心臓、肝臓、腎臓、胃、小腸、大腸、十二指腸、髪の毛、歯、骨、血管、爪、血管、全てタンパク質が材料です。


さらに、

血液、免疫細胞、消化酵素も全て材料は

タンパク質です。


タンパク質が不足することイコール以上の身体のどこかに不良品が生じます‼️


さらに厄介なのはタンパク質を摂取しても体が吸収しない人も多いです!

 


僕の言う1日50g/日を必達最低量としても

その50gを体に吸収するのは

個人差があります!


吸収が悪いと感じる方は

ビタミンB6(ビタミンB群でも可)の

摂取と女性は鉄不足による

吸収が悪い場合も有りますので

気にしてみてください。

吸収に問題ありそうな場合は

EAAやBCAAのアミノ酸から始められても

良いと思います!


アミノ酸は消化を使わずに

血中に入り修復箇所を

探すと良いですよ。


食べ物であれば、卵1個から、お肉50-100gからサバ缶水煮からスタートしてみてくださいね。


以上、タンパク質の復習でした🙇‍♂️

プロテインを飲んでも筋肉はつかないのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ