NEW

ダイエット頑張っても腸内環境が悪いとうまくいかない!

【この記事のキーワード】

, , ,

 今回は腸内環境についてご紹介をさせて頂きます。

 

〜ポイント〜
・腸内環境について 
・ダイエットとの関係

 

 

・腸内環境とは??
腸は自律神経の支配下にいまして、24時間動き続けているます。ですの第2の脳と言われています。
胃酸などで分解された後に小腸で栄養が吸収されます。つまりいくらいいものを健康に気をつけて食事をしていても腸内環境が悪いとうまく栄養が吸収されないのです。


小腸は十二指腸、回腸、空腸からなり、大腸は盲腸、虫垂、結腸、直腸からなっています。

腸内には100種類100兆個にも及ぶ腸内細菌がいます。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がいます。

善玉菌の代表的な菌は、ビフィズス菌と乳酸菌。簡単にいと腸内を健康にしてくれる菌です。

悪玉菌はブドウ菌と大腸菌など。簡単に言うと腸内環境を悪くする菌です。

日和見菌はバクテロイデス、連鎖球菌など。善玉菌と悪玉菌のどちらにも変わる菌です。

大人になると善玉菌が減り、悪玉菌の数が増えてくることがあります。

腸内環境は常に酸性の状態がいいです。
酸性の状態を作り出すためには空腹の状態で酸性になるので、ファスティングなどは定期的にやると腸内洗浄になります。

腸内に常に何あると腸内はアルカリ性になってしまいます。

例であげると、お肉などの飽和脂肪酸は吸収に時間がかかります。吸収し切れなっかったものは再度吸収をされるので常に腸内に何かある状態になります。そうすると便秘などの原因、吹き出物、大衆などに繋がります。
ですので、常にお肉ばかり食べていると腸内に負担がすごくかかります。


食物繊維を食べると腸内環境が整うとも聞いたことがあると思います。
食物繊維は大腸で発酵され、発酵されて便として排出されます。
発酵されることにより短鎖脂肪酸が作られます。
短鎖脂肪酸が作られることにより免疫機能が高まり、腸内環境もよくなります。

この発酵がおこなわれないと腐敗がおきます。

腐敗と発酵は同じ現象なのですが、人間とって良質なことを発酵で悪影響なことを腐敗と言います。

ですので肉などが腸内にいる状態ですのと腐敗が起こりアンモニアになり、腸内に負担をかけて体臭の原因になります。

ですがお肉などの飽和脂肪酸の摂取は高齢者の寿命を長くするなども言われていますので全く摂取しないことはないのですが、毎日毎食食べていると腸内によくないです。

腸内にある絨毛と言われるものが栄養を吸収してくれる役割をしています。この絨毛は乳製品や小麦粉などが大量に腸に入ってくると絨毛が炎症してしまい栄養が吸収されなくなります。

この炎症がひどくなると最悪腸内に穴が空いた状態になります(リーキーガット)になります。

この状態になるとアトピーなどの炎症が体に起こります。

 

 

 

 

 

・ダイエットの関係

 

 

腸内環境があるとエネルギーの吸収、栄養の吸収がスムーズに行われないのでその後の代謝がうまく行われないです。


その代謝が行われないと栄養とエネルギーなどが余ってしまうのでその余った栄養素は脂肪などに蓄積してしまうので、太りやすくなります。


簡単ではありますが、本日はここまでにします。


最後まで見ていただいてありがとうございました。

ダイエット頑張っても腸内環境が悪いとうまくいかない!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ