NEW

腹筋を鍛える時に、絶対意識してほしい3つのこと

【この記事のキーワード】

, , ,

皆さま、こんばんは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回は腹筋をやる際に意識してほしいことについて、3つ書かせて頂きます。

反動を使わない

腹筋をやる際に、反動を使ってしまうと、代償動作といって腹筋以外の場所を使ってその動作を行ってしまいます。

その結果、効かせたい腹筋以上に脚や背中が疲れるというケースがおきてきます。

腹筋をやる際は、反動は使わずゆっくりと丸まってくるように行いましょう。

背中を地面に押し付ける

腹筋をやる際は、地面に背中を押しつけます。

これをやることで、特に背中が反ってしまっている骨盤前傾の方は、骨盤後傾位を作ることができ、腰が痛くなるというケースを緩和できます。

息をしっかり吐きながら起き上がる

腹筋で起き上がる際は、息を吐きながら【ドローイン】起き上がります。

これを行うことで、よりインナーの腹筋も使うことができるので、トレーニングの効率が上がります。

以上3点のことを意識して腹筋を行いましょう!

今回の投稿は以上となります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Pick Up

腹筋を鍛える時に、絶対意識してほしい3つのことのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ