NEW

解剖学を学ぶ意義

【この記事のキーワード】

, ,

皆さんこんにちは!
パーソナルトレーナーの篠崎 嵩です。
今回から投稿をしていきます。
少しマニアックな投稿になりますので、トレーナーの方から一般の方まで読んでいただけたらと思います。
初投稿は、解剖学を学ぶ意義について書いていきます。

そもそも解剖学とは?

身体の「異常」を学ぶ学問は病理学(Pathology)といい、医者はこれを中心に学びます。

それに対して、健康づくりのお手伝いをする運動指導者は、「正常な機能」を学ぶ学問は生理学(Physiology)を中心に学びます。

その中でも、ヒトの身体の「正常な形態と構造」について学ぶ学問である人体解剖学(human anatomy)は、運動指導者やセラピストにとって最も重要な分野です。

 

解剖学を学ぶ目的は、主に以下の5つに集約されます。

①身体コミュニケーション能力の向上
解剖学を知ることで、自己の細胞との対話能力が向上します。解剖学とは、『自分探しの旅』のようなものです。

②「人とは何か?」の探求
解剖学の理解は、ヒトそのものを理解することであり、相手を理解することを促します。
 
③運動能力の開発
解剖学を活用することで、『より速く、より高く、より強く』を具現化するための手助けとなります。

④ストレスマネージメント
身心はともに相関関係にあり、解剖学を学ぶことで身体を通じて心にまでアプローチすることが可能です。

⑤身体生産性・効率性の向上
解剖学は、ムリ・ムダ・ムラのない身体操作術の習得のために役立ちます。

肉体が貸与期間付きの借り物であることであるという意識を持つだけで、肉体とのかかわり方は大きな違いが出ます。
人体解剖学は、限られた寿命に対する恐怖心から編み出されました。生命の神秘を解き明かすために、紀元前4世紀にはアリストテレスは解剖をしています。レオナルド・ダ・ヴィンチは、数十体もの解剖を自ら行ったとされています。

パーソナルトレーナー、ストレングスコーチ、ヨガインストラクター、エアロビクスインストラクターなどの運動指導者やマッサージや整体、リフレクソロジーなどのセラピストにとって、解剖学の知識は大切ということです。

 

 

Pick Up

解剖学を学ぶ意義のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ