NEW

水泳とランニング、痩せるのは……?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


~水泳とランニングでは1時間当たりの    消費エネルギーはどれくらいになるのか?~ 

 

ずばり、基本的にランニングの方が消費カロリーが多い。

一般的に、上半身より下半身の方が筋肉量は多いですから、下半身を使う運動の方がより多くの筋肉が動員され消費カロリーが多くなると予想できます。ですのでこの結果も妥当だと考えられます。

 

運動単位の指標となる『METS』の表を見ることで計算して割り出すことができます。

 

METS=安静時を1METSとした時に、活動、運動を行った時に安静時の何倍のカロリー消費をしているかを表したものです。

 

例えば↓↓↓                                 ゆっくり歩いている時は、2.8METSで、安静時の2.8倍のカロリーを消費している、早歩きで歩いた場合は、4.3METSで安静時の4.3倍のカロリーを消費していることになります。


このMETSは「その動作をした時にどれくらい酸素を消費したか?」を計測したもので、厚生労働省の「運動基準・運動指針の改定に関する検討会 報告書」の中で生活の中の様々な活動や運動などのMETSがいくつなのか?ということが一覧で見ることができます。

 

(METSのさらに細かい内訳は『国立健康・栄養研究所の身体活動のメッツMETS表』にて見ることが出来ます)

このMETSに自分の体重×1.05×時間で消費カロリーを割り出す方法をMETS法といい、消費カロリーを算出する上での運動指導者の一般的な計算方法になります。


例えば↓↓↓                                 体重60kgの人が1時間安静にしている場合の消費カロリーを計算すると、

【1METS×60kg×1.05×1時間=63kcal】

ゆっくり歩いた場合は先述したように、METSの表を見ると2.8METSなので、

2.8METS×60kg×1.05×1時間=176kcal

の消費カロリーということになります。

 

 

 

~ランニングしている時、泳いでいる時の            METSはいくつなのか?~


ランニングをしている時、泳いでいる時のMETSというのはその速度によって変わってきます。

国立健康・栄養研究所のMETSの一覧を見ると、時速8kmのランニングのMETSと分速45.7mでクロール(普通くらいのクロールの速さ)をした場合のMETSは共に8.3METSになります。

体重60kgの人が1時間、時速8kmのランニングか分速45.7mのクロールをした場合、

8.3METS×60kg×1.05×1時間=522kcal

結構なカロリーになりますね。

大体、カップラーメンの大きなサイズ1個分くらいです。

ただ、時速8kmで1時間ランニングするのは、走り慣れていない初心者の方でも走れる、或いはすぐに走れるようになりますが、水泳の場合熟練した方でないと分速45.7m、つまり普通くらいのクロールのスピードで1時間続けて泳ぐことは難しく、泳ぎが苦手な方ほど何度も止まったり歩いたりと休憩を挟まざるを得なくなってしまうことが考えられます。


立ち止まっている時は安静時と消費されるエネルギーはほぼ変わらなくなってしまいますし、体力が回復するまで水中をウォーキングしたとしても泳いでいる時より消費カロリーは落ちてしまいます。


このことを考えると、「水泳は得意だけど走るのは全然苦手」という場合は別ですが、ほとんどの人にとって時速約8kmの方が休憩を取らずに続けることが容易という意味で、恐らく水泳よりランニングの方がカロリーを消費できる=痩せる、ということが言えるのではないかと思います。


ただ水泳は水による浮力により、腰や膝などの関節に負担をかけずに行えるという長所もありますし、ダイエットの場合自分が習慣的に続けられそうな運動を取り入れることが一番大事なので、「どちらがより続けられそうか?」ということを基準にして、行う運動を選択してみてください!

 

 

 

~ランニングのメリット・デメリット~
ランニングのメリット
・誰でも手軽にできる
・道具がほとんどいらない
・場所や時間を自由に選ぶことができる


ランニングのデメリット
・下半身への負担が大きくケガしやすい
・体重が重い人はさらにケガのリスクが高くなる
・上半身があまり鍛えられない

 

 

~水泳のメリット・デメリット~
水泳のメリット
・上半身を鍛えることができる
・体重が重くても問題ない
・全体的にケガのリスクが少ない


水泳のデメリット
・泳ぐ技術が必要
・場所・時間の制約が大きい
・コストがかかる
・下半身はあまり鍛えられない

 

 

 

~結局、水泳とランニングどちらが                  ダイエット向きか?~


「これからダイエットをするぞ!」という方は体重が重く筋力も弱っている場合が多いので、いきなり走るのはケガのリスクが非常に高くなります。

ですので、泳げるなら水泳がオススメです。それに加えて下半身の筋トレも平行して行いましょう。下半身の筋肉量を増やすことはダイエットにも老後にも重要ですので。

泳げない場合、努力して泳げるようになるのも一つの手ですが、それよりは筋トレを頑張る方が後々のメリットが大きいと思います。

「痩せてマラソンに出たい!」というのでなければ筋トレに集中しましょう。痩せたら走りたいという方も、まずは食事と筋トレである程度体重を落とし筋力をつけてからランニングに取り組むことをオススメします。

ケガをすると一気にモチベーションが下がってしまうので、そのリスクを下げることが第一だと考えて有酸素運動の種目は選びましょう。

 

Pick Up

水泳とランニング、痩せるのは……?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ