NEW

杖の正しい持ち方

【この記事のキーワード】

どうもこんにちは~!

今日はタイトル通り杖について話していこうと思うのですが

完全に怪我をした前提で話を進めていきますねw

いや、これから怪我をするかもしれないことを予測すると

意外と豆知識になったりもするのかな???

さて、僕は元々理学療法士でした。

杖の持ち方の指導や、どれくらい体重をかけるとか、この人・この疾患にはこんな杖がいいとか、いろんなことを臨床では指導していくわけなのですが

待ちゆく人々の中で杖を使用している人、脚を引きずるような歩き方をしている人、

墜落するようながくっがくっとゆうような歩き方をする人、左右に揺れながら歩く人、

本当にいろーーーーんな種類の歩容が見られます。

そこで僕が思うのは、なぜあの人はこっちの足の方が悪いのに、こっち側に杖を持っているんだ?

特に手も怪我していないようだし、本当に杖の指導を受けたのか?

もしかして独学ではないのか?

などと思うこともあります。ちなみに、TVなどでの杖を使用するシーンも同じく、使用方法を間違っているものがたくさんあります。笑

職業病といわれたらそこまでなのですが、無意味、いや、むしろマイナスな方法を続けるよりもこの際きっちり直した方がいいと思います!!!

まずは例から

左脚のみを怪我しました。では杖はどっちの手に持ちますか?

答えは右手です。

なんで?って思った方もいるかと思います。

そうですよね、左がだめになったんだから、左脚の代わりに杖を使うんでしょう?と

考え方は間違っていません。でも答えは間違っています。右にする理由があるのです。

ここからはちゃんと、患側・健側と呼んでいきますね。

今の例だと、患側は左、健側は右ということになりますね。

われわれ人間が立っているときの、中殿筋の働きにフォーカスしてみましょう。

中殿筋は、股関節の外転作用などを持つ筋ですね。

ここで片足立ちになってみてください。倒れますよね?

それが中殿筋が働かない状況です。

倒れる方向から押し返す力が、その働けてない中殿筋の作用を補助するのです。

イメージができない方は連絡ください。絵で説明します笑

倒れる体幹を引っ張り戻す力を補助する!それが杖!

なので、特殊な条件がない限りは、杖は健側に持ちましょう。

杖の正しい持ち方のページです。筋トレしようぜ!は、書籍・雑誌、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ