NEW

実際ビタミンCは1食レモン2個分取れば十分だったというお話

【この記事のキーワード】

はじめに

世の中には「レモン50個分のビタミンCが入ってます!」や「1日分のビタミンCがこれ一本で取れます!」など、様々な謳い文句を掲げてあたかもお得に感じさせる商品が沢山出回っていますが、これ実はタイトルにもある通り1食レモン2個分で十分と言われたら驚きですよね。

そんな企業の闇を今回は暴いていこうと思います。

 

1日の必要量を知ろう!

 

闇を暴くために大前提として知っておいて欲しいこととしてビタミンCの1日の摂取基準量です。これは1日約100mg とされています。

ここですでに50個分もいらんやんというツッコミが入れられますね笑

ビタミンCには抗がん作用や抗ストレス作用、抗酸化作用などアンチエイジングにはもってこいの栄養素というのは有名ですよね。

また基本的には過剰摂取による弊害はないとされていますが同時に1日1,000g以上を摂取することが望ましくないと言われているのがこのビタミンCです。

 

レモン1個にはどれくらいのビタミンCが入ってるの?

それでは本題に入っていきます。
まずはレモン1つに含まれているビタミンCを計算してみましょう!

レモンを1つ120g と設定します。

レモン果汁はこのうち30%の36g であり、レモン果汁100gあたりのビタミンCの量は50mg なので計算すると以下の通りになります。

100g(レモン果汁) : 50mg(ビタミンC含有量)
= 36mg(レモン一個分の果汁) : X(求めるレモン1個分のビタミンC含有量)

Xについて解くと、X=18となり、レモン1個分のビタミンC含有量は18mg
分かりました。

 

ビタミンCの吸収効率

ビタミンCの吸収効率一般的に200mgに到達するまでは90%と言われており
例えばレモン1個食べたら18gの90%なので約16gが吸収されるということになります。

しかし、1000mgを超えると50%以下にまで減少するということもわかっております。そもそもこの量が摂取基準を大幅に超えているためあまり考えなくて良いかと思います。

 

闇の解明

さてアイテムは出揃いました。早速計算をしていきましょう!

①1日のビタミンC必要摂取基準は100mg
②レモン1個に含まれるビタミンCは18mg
③そのうち吸収されるのは90%

これを合わせると…

100(1日の摂取基準) ÷ 18(レモン1個分のビタミンC) × 90 ÷ 100(吸収効率)= 5

結論1日5個分で十分なんですね!これは企業から苦情が入るかもしれない内容を公開してしまったかもしれません笑

 

一気に取るのって意味あるの?

レモン5個分食べればいいのね!と思い早速チャレンジしようとしているそこのあなた!ちょっと待ってください!

ビタミンCは一気にとっても意味がないというのはご存知ですか?

ビタミンCの血中濃度がピークに達する、つまりは効能が発揮される時間は摂取から約3時間後でそこから徐々に減少していきます。

つまり一気に摂取しても5、6時間もすれば効果が薄れているということなんですね!

効能を持続させるにはこまめに分けて取る必要がありますのでタイトルにもある通り実質1食レモン2個分で十分なんですね。

 

レモンは意外とビタミンCがおおくない

ここまでビタミンCならレモン!というようにお話しを勧めて参りましたが
実際レモン含まれるビタミンCの量はそこまで多くないというのが結論です。

また、レモン単体で食べることが難しいため現実的ではありません。

私がお勧めするビタミンC最強食材はピーマンとブロッコリーです。この2つはどちらもレモンの数倍のビタミンCを含んでおり、しかもたべやすいのでぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今までの固定概念が180度ひっくり返されたのではないでしょうか?
ぜひ明日からの食事で取り入れられる点はとりいれてみてください! 

実際ビタミンCは1食レモン2個分取れば十分だったというお話のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ