NEW

【体が硬い人は忘れている?ストレッチの3つの重要事項】

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!

前回の記事でご紹介した2つの腓腹筋ストレッチは、実践されましたか?

まだ見ていない人は、今回の記事のメインテーマ「ストレッチ効果を高める3つのOKポイント」をしっかりと体感いただくために、ぜひ前回の記事も合わせてご覧ください。

 

≪ストレッチ効果を高める3つのOKポイント≫
それでは早速、ストレッチ効果をグッと高める3つのOKポイントを公開します!

1:呼吸
頑張って必死に伸ばそうとして息を止めてしまうのは逆効果です。腹圧が高まり身体に力が入ってしまうので、リラックスできません。身体を緩めるには、リラックスして筋肉の緊張を解くことが大切です。はじめは鼻から吸って口からゆっくり吐くように意識すると、行いやすくなります。


2:意識
筋トレ時にターゲットとしている筋肉を触ってから行うとトレーニング効果が増します。実はストレッチも同様に、伸ばしたい筋肉を狙い通りに伸ばせているかどうかを意識しながら行うことが大切です。

身体を動かす向きが少し変わるだけでストレッチ効果が半減してしまうこともあるので、正しくストレッチできているかどうかの確認を兼ねて、伸ばしている部位に触れてみましょう。


3:知識
伸ばしている筋肉は、どの関節をまたいでくっついているのか?筋肉の起始停止を知ることで、より効果的なストレッチをマスターできるようになります。

例えば、今回のストレッチのメインターゲット「腓腹筋」の場合は、起始が大腿骨の後面下端で、停止が踵の骨です。つまり、膝関節と足関節(足首)2つの関節をまたぐ「二関節筋」です。
この構造を意識して、2つの関節を同時に伸ばすことでストレッチ効果が高まります。


以上、3つのポイントを意識しながら行ってみてください!

このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


YouTubeにも動画を公開していますので、[ OKWALKTV ] で検索してみてください。姿勢改善・ウォーキング・ボディデザイン・ダイエット情報を発信しています。


私と一緒に、しなやかな身体作りを実践して元氣に美しく歩き続けましょう!
マハロ~♪ 

【体が硬い人は忘れている?ストレッチの3つの重要事項】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ