NEW

【ダイエット】有酸素運動で脂肪が燃えるのは何分後?

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


≪運動時の主要な燃料は?≫
私たちの体が運動時に消費する主な燃料は、糖質と脂質です。
糖質は、血液中の糖と筋肉中のグリコーゲン、脂質は血液中の遊離脂肪酸と筋肉中の中性脂肪です。


≪なぜ有酸素運動は20分以上続けなさいと言われるの?≫
ではなぜ、有酸素運動は20分以上続けなさいと言われるのでしょうか?その理由は、私たちの体の仕組みにあります。

私たちの体は、運動開始後に血中の遊離脂肪酸が少なくなってくると、体に蓄えている体脂肪を分解して血中に放出します。

この体脂肪の分解が加速するタイミングが、運動開始20分後くらいなので、20分以上続けないとダイエット効果が無いですよ!なんて言われたりします。
これは誤解です!
血中の脂肪(遊離脂肪酸)は、運動直後から燃焼されています。(ちなみに20分以上経過後も、引き続き糖質も使われています。

動画で見る
【新常識】20分以上続けないと痩せないって本当なのか?

https://youtu.be/4OiZ94DwDbI (3:13)


≪まとめ≫
体内の脂肪は有酸素運動を20分以上続けなければエネルギー源として消費されないというのは誤解です。

糖質と脂質は、安静時も運動中もそれぞれ様々な比率で両方使われています。

傾向として、短時間の激しい運動ほど糖質が使われる比率が大きく、長時間運動時ほど脂質が使われる比率が大きくなります。つまり、運動の強度・継続時間・体温上昇などにより、エネルギー源の比率は変化します。

ちなみに、1日1回連続30分の有酸素運動を行った時と、朝昼晩10分ずつ(合計30分)分割して行った時では、1日の総消費カロリーは、ほとんど同じです。

まとまった運動時間が取れない人でも、隙間時間を活用してしっかりと結果を出せるということです!

ストレッチ・無酸素運動・有酸素運動をバランスよく組み合わせて行って、基礎代謝を高めながら健康的に身体を引き締めていくことでリバウンドも予防していきましょう。


【新常識】20分以上続けないと痩せないって本当なのか?
https://youtu.be/4OiZ94DwDbI (3:13)

 

≪ダイエットにおすすめな方法は?≫

1:細切れでもOKなので、こまめに動くことで日々の活動量を増やしてアクティブなBODYを育てていきましょう!

2:まずスクワットなどの筋トレを行って脂肪分解加速スイッチをONにして、それから体脂肪が分解されて血中に放出された遊離脂肪酸を有酸素運動で効率よく燃焼させましょう!

3:筋トレも有酸素運動も「姿勢・呼吸・筋肉」を意識して行うことで効果が倍増します!

以上、正しいやり方を習慣化して、魅力的なボディメイクを成功させましょう。


このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


YouTubeもやっていますので、[ OKWALKTV ] で検索してみてください。健康・ボディデザイン・ダイエット情報を発信しています。


私と一緒に、本日も素敵な1日を歩みましょう♪
マハロ~      

Pick Up

【ダイエット】有酸素運動で脂肪が燃えるのは何分後?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ