NEW

「80歳でも筋トレをするべき」といえる科学的な理由とは?

みなさんこんばんは☺️

パーソナルトレーナーの杉野です🙋‍♂️

本日は80歳になっても筋トレをした方がよい理由についてお話していきたいと思います😊

・日常生活に必要な筋肉ほど、早く衰える

加齢に伴って筋肉がやせ衰えていくことを「加齢性筋萎縮症」、「サルコペニア」といいます。

そしてサルコペニアはやっかいなことに、体重を支える下半身の筋肉や、姿勢を支える腹筋群、背筋群といった「日常生活に直結した筋肉」において激しく進行します。

元気に日常生活を自立して過ごすための大事な筋肉ほど衰えやすいのです。

たとえば、体重を支える太ももの前の筋肉では、30歳代くらいから萎縮し始め、80歳くらいまでに、平均して20歳代の半分程度にまで筋肉が細くなります。

筋力の強さは主に筋肉の太さで決まりますので80歳で脚の筋力は半分になってしまう計算になります。太さ以外の要因もあるので正確には半分以下です。

ということは、若いころに片足で立ち上がれないくらいの筋力しかない人は「特に対策をしていなければ」80歳になったときには自立して生活するのが困難になる、と言い換えられると思います

70歳まで働かなければならない時代に、これはとても不安な予測です。

脚の筋肉の衰えは特に顕著であるうえに生活機能と直結します。

その衰えを自覚しやすいことから、「老いは足元からやってくる」などといわれます。

「足腰を鍛えていつまでも元気に」などというのも、足腰の衰えが高齢者から元気さを奪うからに相違ありません。

それゆえいつまでも活動的で元気に過ごすためには、サルコペニア、特に脚の筋肉のサルコペニアをいかに防ぐかが極めて重要となるのです。

いかがでしたでしょうか?🤔

またなにかご質問等、お悩み相談大歓迎です(^o^)👌

下記までご連絡お待ちしております。

❇️ホームページ❇️

https://trainer-sugino.com/

❇️Instagram❇️

http://Instagram.com/trainer_sugino

❇️公式LINE@❇️

https://lin.ee/gCv7mVX

「80歳でも筋トレをするべき」といえる科学的な理由とは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ