「ヒップスラスト」はヒップアップに効果的なのか?

 トレーニーなら、一度は聞いたことがあるであろうヒップスラストという種目。一時期、有名人やその周りがお尻のトレーニングとしてヒップスラストを紹介したことで、知名度が爆上がりしました。確かに、お尻のトレーニングにはなります。しかし、ヒップアップという観点においては、あまり効果的ではないかもしれません。今回はヒップスラストがヒップアップに効果的かどうかという点について説明していきます。

【この記事の内容】

 

1 ヒップスラストとは
2 ヒップアップとは
3 まとめ

 

1 ヒップスラストとは

 ヒップスラストを簡単に説明すると、以下の通りです。

(1) 仰向けの状態で膝を曲げる

(2)お尻を上に向かって持ち上げる

▼特徴

・最大収縮
・高重量を扱える
・骨盤後傾種目

 イメージがつかめない人は、Googleで検索してみてください。

 さて、この動きを行うことで主に使われる筋肉は大殿筋です。大殿筋が鍛えられることは確かなのですが、ヒップアップという観点においては、実は微妙なのです。

 

2 ヒップアップとは

 ヒップアップという言葉がありますが、一般的にはお尻が上向きになることを指しています。大殿筋を鍛えることで、お尻は持ち上がりプリっとするわけです。

 しかし、ヒップアップは根本的に見ればそれだけではありません。骨盤が前傾しているということが大前提になります。

 つまり骨盤が前傾した状態で、かつ大殿筋に伸張性の負荷をかけることが最も最重要な方法なのです。

 すでに骨盤が前傾した状態であれば問題はさほどありませんが、後傾した状態のほうがヒップスラストを行うとより骨盤の後傾優位な姿勢になります。

 つまり、ヒップアップするための根本的な解決はできていないということです。

 

3 まとめ

 ヒップスラストが大殿筋のトレーニングにならないとも、ヒップアップに効果はないとも言いません。しかし、あくまでヒップアップという目標において骨盤前傾が大前提である以上、トレーニングの種目も骨盤が前傾の状態を行えるということがベストになります。最も効率よく効果的にトレーニングを行うには、根本的な解決が必要ですね。

関連記事
Pick Up

人気記事ランキング

SNS