NEW

元プロサッカー選手が、トレーニングを再開する際の注意点をアドバイス!

【この記事のキーワード】

,

こんにちは。元プロサッカー選手で、パーソナルトレーナーの冨江悠です。

ついに、スポーツジムが再開されましたね。

以前も書きましたが、ここからの2週間の各々の意識が、本当に大切になってくると思います。

スポーツに関わる者、従事する者の一人として、意識を高く持ち、第2波はなんとか避けたいところです。

早速トレーニングを再開された方、継続してトレーニングできる環境を持ってらっしゃった方など人それぞれだと思いますが、今回は主に、久しぶりにトレーニングを再開される方へ、気をつけたほうがいいポイントなどをアドバイスしていきたいと思います。

 

「できる」と過信しない

まず、一番注意したい部分は、これまでトレーニングを積み重ねてこられた方で数週間から数カ月休まれた方は、最初かなり身体が動いてしまうことがあるという点。

ここで、「あれ、思ったよりブランクないじゃん!」と、それまでと変わらない重さ、回数で行ったり、場合によっては今までの分を取り返そうと、重めのウエイトでトレーニングをしてしまうと、筋肉系のトラブルのリスクは相当に高くなります。

しかも、一番怖いパターンは、トレーニング中や、トレーニングを終えた後は平気でも一晩寝た後や、少し時間を置いてから痛み出したりすることがある、という部分です。後になって後悔しても遅いです。

私は、少しブランクがあるアスリートや学生選手にも、常々言っています。「”できる”と過信しないように」と。

 

目安は普段の7~8割の重さから

最初は普段の7~8割の重さから始めて、回数も含め、最初の2~3回のトレーニングは慣らしの時間と捉えた方がいいと思います。

最初にケガをしてしまい、結局またトレーニングできなくなってしまっては、また長い期間トレーニングができなくなり、効率が悪くなりますし、精神的なストレスもかかります。

ランニングも同じですが、徐々に身体を慣らしていきながら、コンディションを戻して行けば、一度ついた筋肉や、トレーニングスキルは、そう簡単には落ちませんし、身体が覚えてますから、焦らずにいきましょう!

最後に、私の尊敬する、日本で初めて車椅子で指導者S級ライセンスを取得され、監督やサッカー解説など、現在も第一線で活躍されている羽中田昌さんの言葉を載せさせて頂きたいと思います。

「コツコツ」は、勝つ“コツ”

羽中田監督が仰るからこそ、重みがあって深い…

急がば回れ、焦らずにじっくりとトレーニングを楽しんでいきましょう!

元プロサッカー選手が、トレーニングを再開する際の注意点をアドバイス!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ