NEW

【女性を美しくする筋トレ】アナボリックとテストステロンの関係

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


あなたは、「カタボリック」「アナボリック」といった言葉を聞いたことはありますか?

“筋トレしようぜ!”読者の方なら、ご存知の方も多いことでしょう。
実際に私もこのコラムで、何度か解説しています。覚えていますか^^?

 

簡単に言えば、筋肉などの身体の組織を分解することをカタボリック(異化)、合成することをアナボリック(同化)と言います。


≪アナボリックとテストステロンの関係≫
私たちが筋トレを行うと、その刺激でアナボリック・ホルモンが分泌されます。すると筋肉にタンパク質が誘導されやすくなって筋肥大へつながっていきます。

このアナボリック・ホルモンの代表が男性ホルモンの一種であるテストステロンです。
ちなみに、女性も男性ホルモンを体内で産生しますが、男性よりも分泌量が少ないので男性のようにムキムキになるほど筋肥大は起こりません。

 

≪ムキムキ・ゴツゴツにはなりません≫
ということで、女性は筋トレをしたからと言って、男性のようにゴツゴツした身体になるわけではありませんので、安心して筋トレを行ってOKです。

むしろ筋肉不足で、肥満や病気にかかりやすい体質になるよりも、しっかりと筋トレをして若々しい筋肉を守っていくことが健康美容の要になります。

次回は、引き続きテストステロンのお話から「疲労やうつ状態を改善するためにも中高年こそ筋トレを続けるべき理由を解説します。お楽しみに。
マハロ~   

Pick Up

【女性を美しくする筋トレ】アナボリックとテストステロンの関係のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ