NEW

【疲労やうつ状態を改善!中高年こそ筋トレを続けるべき理由】

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!


前回は【女性を美しくする筋トレ】アナボリックとテストステロンの関係という題名で、カタボリック・アナボリック・テストステロンについて、美しくなりたい女性こそ安心して筋トレをしっかりやりましょう!という内容をお届けしました。

そして今回は、やる気や集中力・記憶力などにも関係するテストステロンについて、もう少し解説します。


≪やる気の処方箋「筋トレ」≫
実は男性のテストステロンの分泌量のピークは20代。40代以降になると、やる気・性欲の低下、疲労やうつ状態…、いわゆる男性更年期状態になる人が増えてきます。

筋トレを継続して元気ホルモンと呼ばれるテストステロンを増やすことで、男性更年期や生活習慣病の予防と改善効果が期待されています。

 

モヤモヤ・・・ ウツウツ・・・  っと、したときに、 筋トレに取り組んで、眩しいくらいに汗を流した結果メンタルが蘇った! そんな経験はありませんか?(映画やマンガでもよく出てきますよね)

例えば、学生時代の部活動で思うような結果が出せずに心が凹んだとき、がむしゃらに筋トレをしたら、やる気が漲(みなぎ)ってきた!っといった経験です。

いかがですか?
私は、四六時中そんな経験しまくっています。

…繊細なハートを筋トレ効果で守っています((;’∀’))

 

≪結論≫
中高年に限ったことではありませんが、やる気が出ないとき、ストレスや年齢のせいにして諦めてしまう前に「筋トレ」をしてみることをおすすめします!


余談ですが、テストステロンの濃度は遺伝要素もあるそうですよ。
気になる方は、手の指をチェックしてみてください。

⇒利き手の人差し指が薬指よりも短い人は、テストステロン濃度が生まれつき高いといわれています。(「二本指の法則」イギリス心理学者/ジョン・マニング教授提唱)


このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


YouTubeもやっていますので、[ OKWALKTV ] で検索してみてください。健康・ボディデザイン・ダイエット情報を発信しています。


私と一緒に、筋肉を磨いて元氣な心身を保ち続けるライフスタイルを歩みましょう!
マハロ~♪    

【疲労やうつ状態を改善!中高年こそ筋トレを続けるべき理由】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ