NEW

最強のくびれトレーニング!

【この記事のキーワード】

, ,

 夏に向け、今年こそはくびれを作りたいと思っている方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、くびれを作るためのトレーニングや食事などについてお伝えしていきます。

【この記事の内容】

1 くびれを作るトレーニング
2 くびれを作る食事
3 まとめ

 

1 くびれを作るトレーニング

 くびれを作るトレーニングというと、一時期流行ったビリーズブートキャンプの腰をひねる運動などが有名ですが、結論から言うと意味がありません。他にロータリートルソーというマシンもありますが、これも△です。

 もちろん運動によってカロリーを消費しているので、結果的に脂肪が燃焼され、くびれができるか可能性は十分にあり得ます。

 しかし今回は脂肪ではなく、筋肉によってウエストを細くする方法を紹介していきます。

▼インナーマッスルを鍛える

 くびれを作る際に鍛えるべき筋肉は、いわゆるインナーマッスルです。腹横筋や内腹斜筋などを鍛えると、ウエストが引き締まります。ただ部分痩せというのは不可能で、お腹だけ痩せるということはありませんので、ご注意を。

 運動としては腹横筋や内腹斜筋の作用を意識して行います。通常の腹筋運動に対して体をツイストすることで、ウエストの筋肉の本来の動きをすることができます。腹横筋や内腹斜筋は体を捻じりながら丸める作用があるので、フルで使いましょう。

 

2 くびれを作るする食事

 始めに説明すると、どんな食事をしたとしても部分痩せをすることはありません。食事を減らしてカロリー制限を行うことで、徐々に全身の脂肪が痩せていきます。

▼炭水化物
茶色のものを中心に選ぶ。
さつまいも、玄米、十割そば、全粒粉など。

▼タンパク質
シーチキン、かつお、サバ、さんま、鶏肉、大豆など。

基本的には脂質少なめのものを選ぶべきですが、魚などは良質な脂質も含むために摂取すべきでしょう。

▼脂質
魚、オリーブオイル、アボカド、アマニ油、ナッツ類など。

▼ビタミン・ミネラル
茶色の穀物はビタミンミネラルが豊富に含んでいるので、積極的に摂取したほうが良いと思います。これはダイエットしていなくとも、普段から茶色の炭水化物を中心に摂取すると健康促進にもなります。

▼カロリー量
普段からあまり運動を行っていない方は、体重×25~28カロリーで抑えるとよいと思います。

例:50(kg/体重)×25~28=1250~1400kcal/1日

 

3 まとめ

 多くの女性にとって、くびれは憧れでしょう。そのために、運動に加え、食事にも気を使わなければなりません。何年もかけて貯蓄した脂肪は、そう簡単には落ちません。ゆっくり根気強く向き合ってみてください。

Pick Up

最強のくびれトレーニング!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ