NEW

夏までに腹筋を割る方法

【この記事のキーワード】

, ,

 まずは結論から言います。夏までに腹筋を割ることは可能です。もちろんあなたの現状の体脂肪率にもよりますが、腹筋を割るためにめちゃくちゃきついトレーニングなどは不要です。腹筋が割れる原理さえしっかりと把握すれば、誰でも腹筋は割れます。

【この記事の内容】

1 腹筋は全員割れている
2 最速で腹筋を割る方法
3 まとめ

1 腹筋は全員割れている

 まず初めに、見出しの「腹筋は全員割れている」について説明します。

 腹筋は本来全員が割れています。ではなぜ、人によって1パックどころか肉の段ができてしまっているのかを説明します。

 理由は簡単です。

 脂肪が付きすぎているからです。

 腹筋という筋肉は、脂肪や皮膚を取り除けば誰しもがバッキバキです。

 もちろん腹筋も成長し大きくなることはありますが、小さくても十分に割れています。表現が正確かはわかりませんが、ジャニーズたちの腹筋を思い出してみてください。彼らは腹筋が成長して割れているのではありません。食事をコントロールして体脂肪を減らすことで腹筋を割っています。

 もう一度言います。「腹筋を割るには痩せる」これだけです。

 

2 最速で腹筋を割る方法

 では、腹筋を最速で割るには?

 これも最初に結論を言います。

 食事を制限することです。

 おそらくこれぐらいのことなら「知ってるわ!」という感じかと思いますので具体的におすすめの食事をご紹介します。

▼おすすめの方法はこちら

(1)まずは野菜で満腹にする
(2)茶色の炭水化物を食べる
(3)タンパク質はいらない
(4)脂質は魚
(5)男性ならトータル1800kcal/1日以内、女性なら1300cal/1日以内を目安に。(6)腹筋運動くらいはやっておく

 では、解説していきます。

 まずは野菜でお腹をいっぱいにすることが大事。セカンドミール効果もありますが、そんなの関係なく、カロリーを抑えるために野菜で空腹を満たして下さい。ちなみに、僕はキャベツをお勧めします。コスパもいいので、キャベツ1玉を常備してください。千切りにして、他のものを食べる前にがっつり食べてください。

 その後、茶色の炭水化物とお魚などを食べてください。

 タンパク質は要らないと言いましたが、摂取量0gというわけではありません。無理してプロテインや鶏肉を食べる必要はないということです。

 摂取カロリーは目安です。自分は運動を普段から行っているという自負があるなら、もう少し摂ってもいいです。

 腹筋運動に関しては、腹筋運動でなくても腕立てでもスクワットでもいいです。1日の15分間くらいはサクッとやっておきましょう。

 正直、これだけやれれば腹筋は割れます。

 最も大事なのは自分が摂取しているカロリーを正確に把握することです。

 よく「食べていないのに痩せない、むしろ太る」などとおっしゃる方がいらっしゃいますがそれはあり得ません。食べなきゃ痩せるし、食べれば太る、これは9.9割の方に当てはまる法則と理解して下さい。

 厳しいことを言いますが、おそらく「食べていないのに痩せない」と言っている間は腹筋は割れません。

3 まとめ

 今回は腹筋を夏までに割る方法でした。大事なのはしっかりカロリーコントロールすることです。方法はなんでもOKです。要は、コントロールを続けられればいいわけです。

夏までに腹筋を割る方法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ