NEW

インナーマッスルが使えない体に起きていることとは?

【この記事のキーワード】

インナーマッスルの感覚を師匠の言葉を借りて説明するなら 
 
インナーマッスル=「ギア1」 
 
アウターマッスル=「ギア3」 
 
というところでしょうか。 
 
「アウターが強ければ大丈夫!!!」って脳筋なかつての私は言ってたでしょう。(笑) 
 
大丈夫ではありませんでしたね。 
 
ギア1を上手く組み合わせない日常生活はとにかく疲れやすいです。 
 
・頻繫な寝違え 
 
・スポーツすると腰が痛い 
 
・身体が硬い 
 
・生きているだけで首が疲れる 
 
・立ち姿勢からつま先が触れない 
 
あると思います。 
 
そうです、 
 
「疲れやすい体にはインナーマッスル」 
 
適材適所でギアの切り替えができないと身体は疲れますね。 
 
そもそもギア1の主な役割の一つは姿勢の制御です。 
 
ギア1が入らないままの生活やトレーニングは関節が常に適切でない位置で動くきやすくなります。 
 
 
その為に痛みにつながります。 
 
 
関節って正しい位置でこそよく動きますので大概、可動域が減っている人がほとんどです。 
 
猫背の人は真上を見れなかったり、左右に動きづらくなったり 
 
反り腰の人は前屈、後屈が極端に苦手だったりと、、、、 
 
思い当たる人も多いかと思います。 
 
硬くても疲れやすくても大丈夫という方でも重いものもったとき、運動しているときに 
 
「びきっ」といつ来るかわかりません。 
 
ギア1が入らないようではいくら寝ても、マッサージを受けても疲れもは抜けません。 
 
ギア1の練習をするしかありません。 
 
「よーし、優しく動こう!」ではギア1は入力されません。 
 
 
で、どうするか? 
 
 
赤ちゃんに立ち返って寝返りから練習します。 
 
大人になるといつしか筋力に頼ってギア3で寝返りをしてしまいます。 
 
常に身体がこわばってるイメージですね。 
 
下にある寝返りのハウトゥーのページを載せたのでぜひチェックしてみてください! 

View this post on Instagram

. インナーマッスル機能チェック . 前回の投稿でも言いましたが、 . 人間の筋肉には「役割分担」があって、 . 「軽い感じ」で動く時と、 . 「重い感じ」で動く時とで、 . 筋肉の「ギア(自転車のギア的なイメージ)」を切り替えて、 . 身体を動かすように出来ています。 (詳しくは、前回のインナーマッスルの投稿を見てね) . なので、「ギア」の切り替えが下手だと、 . 異常に疲れやすかったり、 . 肩凝り、腰痛が酷かったりするので、 . 自分の身体がギアチェンジできる身体なのか、 . チェックしてみましょう。 . . 「ギア1(インナーマッスル)」のチェックです。 . 上手くできない人は、「ギア3(アウターマッスル)」 . しか使えていないので、 . 疲れやすかったり、痛くなりやすかったりします。 . . リラックスしてコロコロ5回やってみましょう。 . . ✳️ロジカル ⭕️全身の連続性発火の機能不全、低閾値ストラテジーの機能不全 ⭕️ローカルのスタビリティ低下 . . #アンチエイジング#肩こり#美容#冷え性#整体#スポーツ#ストレッチ#インナーマッスル#ボディメイク#ストレッチ#ウェスト#美ボディ#脚痩せ#リハビリ#トレーニング#パーソナルトレーナー#パーソナルジム#脂肪燃焼#猫背#美脚#コアトレ#ダイエット#シェイプアップ#姿勢改善#フィットネス#エクササイズ#筋トレ#ベースボディ#コンディショニング#赤坂#クマトレ

A post shared by 【睡眠時足つり改善トレーナー】熊田 純一郎/くま管理人 (@kumada_junichirou) on

IG: @kumada_junichirou 
(僕の師匠のアカウント 治療家やトレーナーのフォロワーが多いですね!) 
 
 
身体を楽にさせたい方一日の始まりにいかがでしょうか? 
 
 
曽根田 健一 
IG: @kensone817 

Pick Up

インナーマッスルが使えない体に起きていることとは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ