NEW

【ストレッチ効果を劇的に高める9つのOKポイント】前編

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!

前回の記事で公開しました≪ストレッチ効果を劇的に高める9つのOKポイント≫について、なぜ?この9つのポイントが大切なのかをひとつずつ解説していきます。


1:正しいフォームで行いましょう
ストレッチの姿勢が変わると、伸ばしたい部位とは異なる筋肉が伸ばされて、本来の目的が達成されにくくなってしまいますので、効率よく狙った効果を得るためにフォームは正確に行いましょう。

 

2:呼吸は止めないように
ストレッチ中に息を止めると、筋肉に力が入り硬くなってしまいます。力まずに身体を芯から緩められるように、呼吸を続けながら行いましょう。

 

3:反動に頼りすぎないで動きをコントレールしましょう
力任せに勢いをつけていっきに引き伸ばすと、筋肉や腱が部分的に切れてしまう危険もあるので、その時々の心地よい伸び具合を調整しながら行いましょう。また、反動をつけて速く急激に筋肉を伸ばすと、伸張反射が生じて筋肉は逆に硬くなってしまいます。

 

 

 

4:心地よいところまででOK
痛みを感じるほどに強く伸ばすと、筋肉は防御性収縮を起こして、逆に縮み硬くなってしまいます。

 

5:基部をしっかりと固定して(筋肉の両端を遠ざけるように)行いましょう
伸ばしたい筋肉をゴムひもに例えてイメージしてみてください。右へ伸ばすときに左側が固定されずに右側へついて行ってしまうと、ゴムは伸ばせません。伸ばしたい筋肉の端と端を離すように意識しましょう。


今回は、ストレッチの効果を高めるために9つのポイントが大切な理由を5つ目まで解説しました。次回は後半の4つをお伝えします。
お楽しみに。
マハロ~♪   

【ストレッチ効果を劇的に高める9つのOKポイント】前編のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ