NEW

【ストレッチ効果を劇的に高める9つのOKポイント】後編

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
心身とビジネスを健幸にする(社)日本ボディデザイン協会 マーケティングコーチのOK和男です!

前回の記事で解説しました≪ストレッチの効果を高めるために9つのポイントが大切な理由≫の解説。今回は、後半の4つを簡単に解説します。


6:リラックスできる姿勢で脱力して行いましょう
リラックスできない環境では、力んだまま脱力できません。身体も心もリラックスした気持ちの良いストレッチのためには安定した姿勢で行いましょう。

 

7:伸ばす筋肉を意識して行いましょう
伸ばしている筋肉に意識を向けることで、正しいフォームでできているか?継続の効果は出てきているか?といったことを確認できます。簡単にターゲットの筋肉に意識を向ける方法は、実際に筋肉に触れるといいですよ。

 

8:多方向に伸ばすようにしましょう
大きな筋肉(大腿四頭筋・大殿筋・大胸筋・僧帽筋など)は、部位により筋繊維の走る方向や機能が違うので、少しずつ姿勢を変えながらいろいろな方向へストレッチしましょう。

 

9:体調の悪いときは無理せず休みましょう
体調の悪いときに無理に行うことで、体調の悪化というリスクがあるだけでなく、無理に行う辛い記憶が残ってしまいます。すると、負の感情の記憶がストレッチの習慣を壊してしまいかねません。

気持ちよくて身体が快適になるからこそ、繰り返し行いたくなるものです。無理して行ってストレッチを嫌いになってしまわないためにも、体調の悪いときはお休みしましょう。


以上、ストレッチ効果を高めるために大切なポイントをお伝えしてきました。

次回は、猫背改善にも役立つ“お腹のストレッチ”を具体的にご紹介します。
お楽しみに。
マハロ~

【ストレッチ効果を劇的に高める9つのOKポイント】後編のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ