NEW

元プロサッカー選手が語る、呼吸とトレーニングの関係

【この記事のキーワード】

, ,

 トレーナーがよく「呼吸を止めないでいきましょう!」と声をかけているのを耳にすると思いますが、なぜ呼吸を止めない方がよいのでしょうか?

 一瞬のパワーを出すためには「フッ!」っと呼吸を止めた方が力が入るようにも思います。

 では、なぜ呼吸を止めない方が良いかと言うと

・吸うと、筋肉が縮む

・吐くと、筋肉が緩む

からです。

 詳しく説明すると、自律神経(内臓の働きを調整してくれる)のうち、吸うときは交感神経が、吐くときは副交感神経が優位になります。

 交感神経が優位だと筋肉が収縮し、副交感神経が優位だと筋肉が緩みます。

 ですので、ただ呼吸を止めないというだけではなく、トレーニングやストレッチの動きに合わせて、吸う、吐くを行った方がいいということになります。

 そのために、ストレッチの際には「伸ばす時に吐く」が基本になります。

 ちなみに、腹式呼吸は、体内に取り込める酸素の量が多くなるので、ストレッチに適しているといわれています。

 対して胸式呼吸は、心身をリフレッシュさせてくれる効果が期待できます。

 トレーニング以外にも、呼吸でおすすめなのが呼吸を吐き切った後に、さらに身体から息を出し切るトレーングです。

 鼻から目いっぱい吸った空気を、胸やお腹に一旦ためて口からゆ〜っくりと吐いていきます。

 お腹もへこませて、「もうこれ以上は無理」というところまで吐き切ったら、そのままの状態で、さらに10回、

「フッ・フッ・フッ…」

 と体内の空気をすべて押し出すイメージで吐き切ります。

 横隔膜が鍛えられ、腹筋周りのインナーマッスルにも効かせることができます。

 忙しい毎日の中で、ご自分の呼吸を耳でじっくりと感じる時間は、意識しなければ中なかなか取れないかと思います。

 自分の内側を感じる、という意味においても、呼吸はとても大切です。

 トレーニングの際の呼吸、ぜひ少し意識してみてください。

元プロサッカー選手が語る、呼吸とトレーニングの関係のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ