NEW

大胸筋の働きと正しい鍛え方について

 

こんにちは!

パーソナルトレーナの坂口です。

 

 

1.大胸筋とはどんな筋肉?

この筋肉が発達していると胸板が分厚くなり、筋トレの成果が分かりやすい部位と言えますので、ジムに行くと真っ先にベンチプレスや胸を鍛えるマシンに行ってしまうという人も多いでしょう。

まず、大胸筋は上部、中部、下部に分かれており上腕骨を起点として扇状に広がる筋肉です。

大胸筋の上部は上腕骨から鎖骨方面、中部は上腕骨から胸骨と肋軟骨方面、下部は腹直筋の最上部に向かって付いています。

腕を外側から内側に持ってくる動きを担っていること=水平屈曲

大胸筋を鍛える種目として腕立て伏せやベンチプレスを行いますが、これらの種目は水平屈曲の動きになります。

 

直立した状態、あるいは上半身が立った状態で腕を下した位置から体の前方に向かって腕を上げる動きをする際は大胸筋上部が使われる動き=屈曲

逆にバンザイをした状態から腕を体の側面に向かって下す際は、大胸筋の下部が使われる=内転

大胸筋は腕を内側に捻る動きも受け持つこと=内旋

 

2.大胸筋を鍛える上での注意点3つ

①大胸筋の種目を行う際は肩甲骨をしっかり寄せて肩を前に出さないように注意しながら行う必要があります。

②大胸筋を鍛える種目においてバーベルやダンベルでベンチプレスをする際、手首をしっかり立てて行う必要があります。ベンチプレスを行う際はバーベルを深く握り、バーが手のひら側下部の肉厚の部分で支えるようにすると良いでしょう。

③ダンベルで大胸筋の種目を行う際は腕を内側や外側に捻ることが可能です。腕を内側に捻りながらダンベルを上げる(この動きは内旋)と大胸筋上部が収縮します。

 

ぜひっ参考にしてみてください!

 

Pick Up

大胸筋の働きと正しい鍛え方についてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ