NEW

ふくらはぎは第2の心臓! 鍛えれば疲労回復・冷え性に効果絶大

肉体をハック(改善)する「BODY HACK」より

 今回は引き続き「ふくらはぎの役割やトレーニング方法」についてご紹介致します。

▼目次
1、第2の心臓と呼ばれるゆえん
2、ふくらはぎを鍛えて疲れにくい体へ
3、ふくらはぎのトレーニング方法「アイソメトリックス」
4、ふくらはぎのトレーニング方法「カーフレイズ」

1 第2の心臓と呼ばれるゆえん

 皆さん、ふくらはぎが「第2の心臓」と呼ばれていることを知っていましたか?

 人間は心臓から血液が全身を巡っており、二足で直立歩行する生き物です。しかし、足先までいった血液は再び上半身側に戻ってくる際に、地球の重力の影響を受け、非常に負荷が掛かっています。

 その際、足先から上半身まで血液を一気に押し上げるポンプの役目を担っているのが「ふくらはぎ」です。

 つまり、ふくらはぎを鍛えることは全身の血行を活性化させ、「冷え性の改善」や「疲れにくい体作り」に繋がります。

 心臓の筋肉を直接鍛えるのは難しいですが、ふくらはぎを鍛えれば、それに近い効果を受ける事ができるので「最近疲れやすい」「つま先が冷えちゃって…」という方は、ぜひ鍛えてみることをお勧めします。

 

2 ふくらはぎを鍛えて疲れにくい体へ

 まずはふくらはぎを構成する「腓腹筋」「ヒラメ筋」の特性を知りましょう。

 この2つの筋肉は同じ下腿にあるものの、全く使い方が異なります。

「腓腹筋」はヒザの状態が伸びきっているときに反応する筋肉で、逆に「ヒラメ筋」はヒザが曲がった状態で反応する筋肉です。

 この2つの筋肉が作用することで、足の力を地面に伝え、安定して歩くことを可能にしています。

 また、ふくらはぎは他の大きな筋肉よりも地面に近い場所に位置し、足への疲労を効果的に軽減する(ダメージを請け負う)働きを持っています。そのため、ふくらはぎが発達すると、そこで効果的に疲れを軽減させることが可能です。

 足がつったり、長時間ランニングしたりした時に一番筋肉の疲労を感じやすい部位になっているのはそのためです。

 

3 ふくらはぎのトレーニング方法「アイソメトリックス」

 念入りなストレッチはもちろん、トレーニングを工夫することで怪我のリスクを減らし、効果的に鍛えることができます。

 まずお勧めしたいのは「アイソメトリックストレーニング」です。アイソメトリックスとは静的運動という意味で、筋肉を動かさずに最大筋力を発揮し、一定時間維持するトレーニング法です。

 古代ギリシア時代から行われており、当時からスポーツ選手の補強トレーニングとして採用されていたそうです。また、アイソメトリックトレーニングは道具を使わなくても行えるので、時間が無い時や外出先などでのトレーニングにも重宝します。

 トレーニング方法は至って簡単。筋肉を収縮した状態、つまりふくらはぎに力を入れた状態をそのままにしておき、その状態を7秒間キープするだけ。

 その際の注意点として力を入れている間は、息は止めずに普通に呼吸すること。力を入れているとどうしても息を止めてしまいがちですが、息を止めると血圧が上がるので血圧が高めの人は注意して下さい。

 

4 ふくらはぎのトレーニング方法「カーフレイズ」

 次にお勧めしたいのは「カーフレイズ」です。

 階段や雑誌を重ねて段差を作り、かかとを中に浮かした状態からつま先の力だけで上下運動するトレーニングです。

 数を素早く行うよりも、一回ずつゆっくりと負荷をかけて行うと効果的です(片足のみや、ダンベルを持って負荷をかける)。回数は片方につき10回×3セット程度でふくらはぎに利いたと思える位の負荷がお勧めです。

 

最後に

 第2の心臓と呼ばれるふくらはぎの鍛え方はご理解頂けましたか?

 意外と、筋トレにおいて重要視されていないのですが、鍛えると効果は絶大です。人間の体は無駄な部分が無いという位、各々が役割を持っておりますので、しっかりと理解し、計画的に鍛えていきましょう!

マッチョ・トレーナーを全世界で募集(男性・女性)!全人類を健康に。
ボディハッカーを全世界で募集中!

ふくらはぎは第2の心臓! 鍛えれば疲労回復・冷え性に効果絶大のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ