NEW

水以外の飲み物のほとんどは体に悪い!

【この記事のキーワード】

,

 とんでもないタイトルですが、あくまで私の考えにとどまります。こういう意見もあるんだなぁと知っていただければ幸いです。

【この記事の内容】

1 水以外は毒!
2 水の選び方
3 まとめ

1 水以外は毒!

▼人口甘味料

 清涼飲料水などのジュースに含まれる人口甘味料は、人体への影響がとても大きいです(※人体甘味料に関してまとめ記事がありますので、詳しく知ってみたい方はそちらをご参照下さい)。現在、コンビニで売られている味のついた飲み物には、ほぼ人口甘味料などが含まれていると考えてください。習慣的にスポーツドリンクなどの清涼飲料水を飲んでいる方は気を付けてください。

▼着色料

 人口甘味料と同じで、これもほとんどのジュースなどに含まれています。着色料は、見栄えの劣化を防ぐためには必ず必要なものです。しかし、それはいったん私たちの体に入ると、基本的には悪影響しかありません。

▼酸化防止剤

 酸化防止剤もほとんどのジュースに含まれていますが、中でも多いのがお茶です。お茶のラベルには、必ず「ビタミンC」が表記されています。このビタミンCとは、いわゆる健康的なものではなく、酸化防止剤のことです。これを習慣的に摂取し続けると、貧血になりやすくなってしまいます。

▼エナジードリンク

 エナジードリンクを飲むと一瞬集中力が上がったような感じがしますが、要因は大量の砂糖とカフェインによるものです。大量の砂糖とカフェインの摂取は、言わずもがな体に悪いです。

 

2 水の選び方

 さて、ここでは水だけが飲み物の中で不健康ではないという説明をします。水は正真正銘、ほかのものが一切含まれておりません。飲み物を飲むとき、人間が求めていることはただの「水分補給」です。余計なものが含まれておらず、水分補給がしっかり行えるものがベストです。つまり、水です。

水にも避けるべきものもある

 水にも軟水・硬水といった種類がありますが、基本的に軟水がおすすめです。

▼硝酸態窒素

 硝酸態窒素とはいわゆる残留農薬のようなもので、井戸水などに多く含まれている場合があります。硝酸態窒素を多く取り込んだ母体の乳児にはブルーベイビー症候群などの症状が発生する可能性があります。

▼お勧めの水

 クリスタルガイザーなどの天然水などは、限りなくクリーンに近いのでおすすめです。また硝酸態窒素がゼロという特徴で売られているリセットタイムなどもおすすめです。

 

3 まとめ

 個人的には水であれば、ほとんどのものが安全であると思っています。注意すべきは、ジュースやお茶などには基本的に有害なものが含まれているのを知ることです。ぜひみなさんの健康促進のために生かしていただければ幸いです。

水以外の飲み物のほとんどは体に悪い!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ