NEW

ランニングは身体に悪い??

こんにちは!

神楽坂・池袋で活動しているフリーランスパーソナルトレーナーのふっかです。

 

今回は

 

ランニング

 

に関することを書いていきたいと思います。

 

結論からお話すると

ランニングは身体にあまり良くない

です。

 

え?ダイエットと言えば有酸素運動でランニングが王道じゃん。
ランニングしないと痩せないでしょー?

などと言った意見はこれを話すと必ずと言っていいほど耳にします。

しかしそれは単なる”固定概念”にすぎません。

では、どうしてランニングが身体に悪いと言えるのか、その理由を解説していきたいと思います。

 

ランニングは関節への負担が大きい

まず1つ目の理由は関節への負担です。

ランニングはウォーキングと比べて、股関節や膝関節、足関節への負担が倍になります。

一般的?に言われているのはウォーキングは体重と同じだけもしくは1.5倍ほどの負担が関節に乗っています。しかし、ランニングの場合は約3倍も負担がかかっていると言われています。体重が50kgの平均体型くらいの女性でも150kgもの負担が”各関節”の乗っていると考えたら恐ろしいですよね。

またこの対策としてはアスファルトの上よりも陸上競技場のようなゴムチップの上や土の上を走ることをおすすめします。こちらのほうが身体への負担はかなり少なくなります。

ましてやダイエットでランニングを選択するのはもってのほかです。これから痩せよう!というタイミングで身体が重いのにより負担の大きいことをするのは継続も難しくなってしまいますよね。

 

排気ガスが心配

排気ガスを大量に吸ってしまうと肺がんのリスクがあがります。

ランニングは基本的に屋外で行うものですよね。屋外でするスポーツの中で街なかで行うものはかなり少ないと思います。

ランニングは有酸素運動です。有酸素運動ということは”呼吸”が非常に大切になってきます。しかし、街なかで行うということは車なども走っているわけです。そんなところで行うということは”排気ガス”は間違いなく気にするべきポイントだと思います。

もちろん、田舎で車通りがほとんどないような道であればアスファルトの負担さえ考慮していればいいと思いますが、都会でランニングしている方は注意が必要ですね。

 

それでもランニングがしたい!!

上記のようなリスクがわかった上でもランニングがしたい!という方を否定しようとは思いません。

ランニングをするとスッキリする
とか
ランニングが毎日のルーティンだ

などという方はぜひ続けてください😊

ランニングをやめることがストレスになるくらいなら続けたほうが絶対にいいですしね^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

パーソナルトレーナーふっか公式LINE@

 

パーソナルトレーナーふっかInstagram

https://www.instagram.com/fukka_fit49/?hl=ja

 

YouTube ふっかchannel

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw/

ランニングは身体に悪い??のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ