NEW

筋肉の成長を抑制するミオスタチンについて

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です!

今回の投稿は、筋肉の成長を抑制するミオスタチンについて書かせて頂きます。

皆さまは、ミオスタチンという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

ミオスタチンとは、筋肉の発達を抑制してしまう成長因子のことです。

つまり、筋トレで筋肉をつけたいと思っている人にとっては厄介なタンパク質です。

しかし最近では、トレーニングの刺激によってこのミオスタチンの働きを阻害するタンパク質の出現が増えるということがわかってきました。

つまり、筋トレでしっかりと追い込むことにより、ミオスタチンの量を減らせるということになりますね。

ある国ではこのミオスタチンの量が生まれつきない、もしくは極端に少ない赤ちゃんが発見されています。

なんと、その赤ちゃんは筋肉量が普通の赤ちゃんの2倍もあり、3歳で3キロのダンベルを持っていたそうです笑

こうした突然変異が起こる可能性は、4万分の1と言われています。

スーパーアスリートの両親からだったら生まれてくる可能性が高くなりそうですね。

 

今回の内容は以上となります!

__________________

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ホームページよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●公式ホームページ


●Twitter

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Pick Up

筋肉の成長を抑制するミオスタチンについてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ