NEW

サイドレイズで怪我をするやり方

【この記事のキーワード】

, , ,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回の内容は、サイドレイズで怪我をするやり方について書かせて頂きます。

サイドレイズは肩の張り出しを作るのにとても大事な種目ですよね。

ただ、やり方を間違えてやってしまうと肩の怪我のリスクも高い種目なので、しっかりとしたフォームでやることが大切です。

そこで今回は僕がサイドレイズをやる際にやってはいけないことを2つ書かせて頂きます。

肩の真横に外転する

サイドレイズ で肩を外に開いて外転いく際は、真横に外転してはいけません。

ポイントは肩甲平面に合わせて外転していくことです。

肩甲平面とは、つまり肩甲骨の延長線上に外転していくことをいいます。

 

これを意識すると、サイドレイズは真横ではなく、斜め前に外転するのが正解になります。

小指を上に外転しない

小指を上にして外転していくと肩関節を内旋位であげてしまうことになるので肩関節を怪我するリスクが高くなります。

外転する際は、手の甲を上にしてあげていきましょう。

今回の内容は以上となります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

__________________

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ホームページよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●公式ホームページ


●Twitter

 
Pick Up

サイドレイズで怪我をするやり方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ