NEW

元プロサッカー選手が教える「速く走るために意識するポイント」

【この記事のキーワード】

, , ,

 スプリントやランニングでひざを上げて一歩を踏み出す際、足を下す位置は意識していますか?

 速く走ろうとすると、イメージとしては体の前に足を下ろして、地面を大きく蹴った方が歩幅が広くなり、スピードが上がりそうに思えるかもしれません。

 しかし実際は、身体の前ではなく、身体の真下に足を下ろして地面を蹴るのがベストです。

 人間の身体は、基本的に軸(体幹)がしっかりと作れている時に力が発揮される構造になってます。

 ですので、足を前に下ろしてしまうと、身体の軸から外れてしまうので、踏み込んで地面を蹴る時に大きなパワーが必要になってしまいます。 

 足を身体の真下に下ろすことで、身体の軸のライン上=一番力が入る位置で地面を蹴ることができます。

 スプリントの際は特に意識するといいと思います。

 身体の真下で空き缶を踏み潰すようなイメージで足を振り下ろすと、地面の反発の力を利用しやすくなります。

 一歩一歩、空き缶を身体の真下で潰す感覚で、

「ポンッ、ポンッ、ポンッ」

 とつぶやくように地面を蹴りながら走っていくと、うまく地面の力を利用してスピードに変えていくことができます。

 スプリントやランニングでは、普段の積み重ねのトレーニングに加えて、少しフォームを意識することで改善される部分もありますので、ぜひ試してみて下さい!

元プロサッカー選手が教える「速く走るために意識するポイント」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ