NEW

「亜鉛」というセックスミネラル

【この記事のキーワード】

, ,

 亜鉛と聞いて、どんなイメージがありますか? おそらく、精力などに関係しているといったイメージをお持ちではないでしょうか。はい、その通りです! 亜鉛は男性にとって、とても大事な栄養素です(もちろん女性にも)。ただし精力だけでなく、免疫や味覚細胞の形成にも関わってきます。今回は、そんな大事な亜鉛というミネラルについてみていきましょう。

【この記事の内容】

1 亜鉛の作用

2 亜鉛の吸収を邪魔するもの

3 まとめ

1 亜鉛の作用

〇亜鉛の役割

・精力
・味覚細胞の形成
・免疫、神経、酵素

 亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるくらい、生殖機能に関係しています。現代人の男性は亜鉛の摂取量が減り、精子の数が40年前の男性の半分以下になっているといわれています(※ほかの要素もあり)。以前は、1ccあたり1億個が当たり前でした。現在は6000~2500万個程度といわれています。

 生殖器官の維持にも必要であり、テストステロンや性ホルモンの促進などの役割も持ちます。

▼亜鉛の分布

 成人で約2gとされています。筋肉に約60%、骨に約30%に存在しています。

▼組織中の亜鉛量

1位 前立腺
2位 腎臓
3位 筋肉

 組織内の亜鉛は性ミネラルの役割が強いため、前立腺に最も多く存在しています。

 

2 亜鉛の吸収を邪魔するもの

・フィチン酸
・ゲル化剤
・酸化防止剤
・増粘剤

 見てわかる通り、添加物が亜鉛の吸収率を低下させます。人類の暮らしが発展し、コンビニやスーパーなどでより便利な食べ物が増える一方、その便利さと引き換えに人類は亜鉛の吸収率を低下させてしまいました。

 いまや、不妊は女性だけの問題ではありません。不妊の半分が男性の問題だといわれています。つまり、ただ精力がある・ないといった話ではなく、亜鉛が不足していると、生殖機能も低下していってしまうということです。

 

3 まとめ

 今回は数ある亜鉛の作用の中から、精力にフォーカスしてお話しました。また別の記事では、亜鉛の免疫などについても触れていきたいと考えています。

「亜鉛」というセックスミネラルのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ