NEW

「恥骨筋」の構造や作用も解説!

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

本日は解剖学シリーズの続きです。

 

今回は恥骨です。

 

恥骨を触診してみよう!

早速、恥骨を触診してみましょう。

まず、大腿骨があって、その一番外側に大転子があります。ちなみに、その反対側を小転子と呼ぶので、一緒に覚えておきましょう。
今回紹介する恥骨筋は、内転筋群の1つに数えられます。
恥骨稜から小転子下にかけてが起始部にあたり、小転子の下の大腿骨粗線までの間、そのやや後面に停止部が付着しています。

 

 

恥骨筋の作用

内転筋群の作用は、名前の通りどれも内転が中心です。

ただし恥骨筋に関しては、内転筋群の中でめお上部のポジションにあり、大腿骨についていることもあることから、比較的股関節の屈曲作用に強く働くというのが特徴です。

とはいえ、画像の通り筋肉自体は短いことがわかります。屈曲作用も非常に強い!というわけではないことも、頭に入れておくといいでしょう。

恥骨筋は恥骨稜付近についているという、結構センシティブな場所に付着した筋肉です。

お客様に対して、施術などでアプローチをかけることは少ないかもしれません。

 

まとめ

今回は恥骨筋の構造・作用から触診方法を解説しました。

施術においても目立つ筋肉ではないですが、内転筋群の中でもっとも根元に近い部分にあり、そして一番上に付着している筋肉として、しっかり頭に入れておきましょう。

Pick Up

「恥骨筋」の構造や作用も解説!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ