NEW

「縫工筋」構造や作用も解説!

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

本日、ご紹介するのは解剖学シリーズの続きです。

今回は縫工筋です。

 

縫工筋を触診してみよう!起始部と停止部

早速、縫工筋の位置関係ですが、内転筋群の上部には内側外側広筋という筋肉があります。

さらにその上。腸脛靱帯、大腿筋膜張筋、そして今回お話しする縫工筋が、より上部に重なっているという状態です。

この縫工筋という筋肉の起始部は、上前腸骨棘。いわゆる腰骨と呼ばれるポジションに付着しています。そして、大腿を斜めに跨ぐ様にに走行し、最終的には鵞足というポジションに停止部として付着しているわけです。

 

縫工筋、半腱様筋、薄筋が「鵞足炎」の原因になることも

ちなみにこの鵞足というのは半腱様筋や、薄筋も付着しています。つまり、3つの筋肉が付着しているポジションだということです。

いわゆる「鵞足炎」と呼ばれる、膝の内側に痛みを覚える方の場合、この3筋が原因の1つになっていることがあります。

また、縫工筋は畳の上であぐらをかき、縫い物などの作業をしている人は硬くなりやすい特徴があります。それから、「縫工筋」と呼ばれるようになりました。

これを逆に考えると、縫工筋が拘縮していてX脚になっている方は、あぐらが苦手で女の子座りが得意とも言えます。

 

縫工筋の作用

縫工筋は股関節を跨いでいる筋肉です。足が浮いている時は、屈曲と外旋の作用に働きます。

ただし、日常生活はもちろん、ジムでトレーニング指導をする際は、ほぼ地面に足がついた状態で種目を行います。

そのため、内股気味の方に外旋を意識したトレーニングをしても、縫工筋自体にほとんど効果を発揮しません。

むしろ、こうしたお客様には上前腸骨棘から鵞足にかけて、ピンポイントで起始部・停止部の距離を離すようなリリースが必要になります。

ジムでトレーニングばかりを意識している方は、こうしたアプローチができるようにしてみましょう。

 

まとめ

今回は縫工筋の構造・作用から触診方法を解説しました。

足のラインに悩みがある。膝の内側に痛みがあるという方は、この筋肉のリリースができるようにしておきましょう。

「縫工筋」構造や作用も解説!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ