NEW

元プロサッカー選手が教える、水分補給の重要性とタイミング

【この記事のキーワード】

,

イメージ画像(写真ACより)

 暑くなってきましたね。

 今日は、水分補給の重要性とタイミングにについてお話します。

 熱中症は真夏にかかるイメージがありますが、この時期も結構危ないので注意が必要です。

 特に今年はマスクで顔の温度が上がりやすく、例年と違った生活習慣などから、身体や脳が勘違いをして体温調整がうまくいかなかったりすることも考えられます。

 水分には、筋肉を動かすという役割もあります。

 そのほか、汗などで体内から出ていった水分の補給になりますし、全身に栄養を運んでもくれます。

 尿として老廃物を身体から排出する役目もあります。

 成人男性の場合は、1日2〜2.5リットルの水分を失っており、摂取が必要とされていますが、私達のようにトレーニングをするトレーニーは、3〜4リットルの水分補給を求められると思います。

 特にこの時期は体温調節にも大きな効果がありますから、一気にたくさんではなく、こまめに撮り続けることが大切になってきます。

 そして、トレーニングを中心とした補給のタイミングですが、まず、「喉が乾いたな」と思った時にはすでに水分補給が遅れていると考えてください。

 そうならないために、トレーニング前に1時間くらいかけてこまめに1リットルの水分を補給していくのがちょうど良いかと思います。

 また、水分であればなんでもOKというわけではありません。

 糖分がたくさん入ったジュースなどは避けて、トレーニング前は水か、スポーツドリンクを半分水で割ったようなドリンク(個人的には、ポカリスエットの水色のラベルのものがおすすめ)を。

 トレーニング後は、同じようなドリンクや味のない炭酸水、果汁100パーセントの果物のジュースなどがおすすめです。

 ちなみに、炭酸水は疲労回復の効果が期待できます。

 しかし、ジュースには糖分などの余計な物が入ってしまっているので、炭酸水は味のないものか、それに近いものがよいと思います。

 そして、トレーニング前は、炭酸が身体に入って、ゲップなどでパフォーマンスに影響があるので、私はトレーニング後に飲むようにしています。

 みなさんもぜひ、参考にしてみてください。

元プロサッカー選手が教える、水分補給の重要性とタイミングのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ