NEW

元プロサッカー選手が教える「片手、片足トレーニングの効果」

【この記事のキーワード】

, ,

イメージ画像(ぱくたそより)

 筋トレのメニューを意識して振り返ってみると、両手、両足、もしくは左右交互に行うトレーニングが圧倒的に多いことに気づきます。

 両手、両足で行うトレーニングのメリットは、やはり左右バランスよく鍛えることができる、という部分が大きいと思います。

 人間の身体は、左右が対となってバランスが取れるように出来ています。

 しかし、筋トレにおいては、この理論を逆手に取ってトレーニング効果を上げることが可能です。

 たとえば、座って行うチェストプレスマシーンで、両腕で100kg挙げられるとして、片腕50kgで行えばいいかというと、そう簡単な話にはなりません。

 片手、片腕で行うと、逆の腕でのバランスがなくなりますから、その分、体幹でバランスを取ろうとします。

 結果、体幹も並行して鍛えられることになります。

 この感覚を簡単に体感できる日常の動作が、「シャンプー」です(笑)。

 頭を洗う時に、ぜひ片手だけで洗ってみて下さい。

 パフォーマンスが、両手で洗っている時の半分以下になっていることが実感できると思います。

 力もうまく入らないので、全然洗えている感じがしません。

 それだけ、普段両手で行っていることを片手で行うのは、負荷がかかるんです。

 ですので、筋トレも片手、片足でのメニューを組み入れていくのは大いに効果が期待できると思います。

 そして、片手、片足でのトレーニングを行う際は、耐える時に体感を意識してみて下さい。

 挙げられる重量が変わったり、力を伝えやすくなります。

 ただし、左右の回数のバランスは、最終的には同じレベルになるように調整して下さいね!

元プロサッカー選手が教える「片手、片足トレーニングの効果」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ