NEW

青汁の効能と作用メカニズム

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナの坂口です。

本日は、健康食品の定番中の定番『青汁について』

抗酸化作用や免疫賦活作用によって生活習慣病を予防できると言われています。

 

青汁のサプリメントについて

青汁とは、緑黄色野菜を中心とした葉野菜の搾り汁を主成分とするサプリメントです。

原材料は、キャベツやブロッコリーの原種であるケールがよく知られています。その他には、大麦(大麦若葉)にモロヘイヤ、明日葉、苦瓜(ゴーヤー)などを利用した青汁も多いです。

豆乳や野菜ジュースと合わせた製品も販売されていますね。

 

青汁を摂取することで期待できる効能

抗酸化作用による生活習慣病の予防と改善が期待されています。

それ以外に脂、質代謝の改善免疫賦活便通改善などの効果があるとされています。

 

青汁の作用メカニズム

原材料となる植物性食品・葉野菜の種類によって成分に特徴があるため、期待される効果が製品によって異なります。

各青汁に共通する有効成分は、β-カロテンに代表されるカロテノイド、クロロフィル(葉緑素)、ビタミンCなどのビタミン類、カルシウムやカリウムなどのミネラル類、食物繊維です。

ケール=キャベツとブロッコリーなどと同じくアブラナ科に分類される。

キャベツ=抗ガン作用をもつファイトケミカルが存在する。

ケール=キャベツ以上に有効成分が豊富です。

大麦若葉=食物繊維が豊富であり青汁特有のくさみが少ないという特徴があります。

青汁には、ファイトケミカル(カロテノイドやフラボノイド)およびクロロフィルが豊富に含まれており、それらのもつ抗酸化作用が効果を示すと考えられています。

 

青汁の摂取方法

生活習慣病の予防や改善を目的とする場合、短期間では効果が期待できません。

継続して利用する前提で飲み続けましょう。

 

青汁を飲むときの注意事項

含まれているのは、通常食材に由来する成分です。そのため、問題となる健康被害や副作用は知られていません。

青汁はビタミンKを多く含む場合があります。ワルファリンといった抗凝固剤と併用する際は、健康に影響が出ないか注意しましょう。

 

まとめ

抗酸化作用、免疫力強化で知られる青汁ですが、即効性があるわけではありません。ゆっくり試して効果を実感してみてください。同時に、普段の食生活も振り返ってみましょう!

Pick Up

青汁の効能と作用メカニズムのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ