NEW

レジスタンストレーニングの3大ポイント!

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナの坂口です。

本日は『レジスタンストレーニング』においてです。

 

レジスタンストレーニングにおける3大ポイント

レジスタンストレーニングは多くの種目がありますよね。それでも、次の3つのポイントを押さえておくのは必須です!

1.レジスタンストレーニングの目的
本来、レジスタンストレーニングはそれ自体を目的にしません。運動時のパフォーマンスアップ、リハビリテーション、ボディメイクなど、それぞれのもつ根本的な動機にフォーカスしてトレーニングを行います。

2. 開始姿勢
レジスタンストレーニングの開始姿勢は、いずれも一定ではありません。トレーニング種目、扱う重量によって変化しますが、基本的には脊柱にS字カーブがない「フラットバック」の姿勢で実施します。

(例外)クランチなど

3.動作
トレーニング時は、最終伸展位をしっかり意識しましょう。そして、伸張反射の活用することが、レジスタンストレーニングにおいては大変重要です。

※※注意※※
レジスタンストレーニングで行うべきポイントは、「身体にこんなサインが出たら要注意!」というものも存在します。自分のトレーニングはもちろん、お客様のセッション時にこれらが当てはまらないよう、細心の注意を払ってください。

 

 

1.動作時の痛み
トレーニング動作中に膝や肩、腰など身体の各所で痛みが出た場合は、ただちにその種目を中止しましょう。

2. 無理な可動域
トレーニング中には、最終伸展位への意識が非常に重要です。とはいえ、自分やお客様にとってケガのリスクが上がるような、無理な可動域でのトレーニングは避けてください。

3.血圧
健常な人の場合でも、トレーニング種目によっては300mmHg以上にまで、血圧が上昇するというデータがある。

自分やお客様が高血圧症(あるいはその疑いがある)場合、回数については、RMトレーニングを実施しないポジションについては、ベントオーバーポジションまたは、頭部がより低くなるポジションを避ける(脳圧が上昇するため)
この2点に十分注意しましょう。

4.関節弛緩
トレーニング中、特に肩関節・肘関節・膝関節の関節に弛緩が起こると、大きなケガにつながります。充分な安全域での可動域を意識し、関節可動範囲制限をして行いましょう。

5.抵抗(重力を含む)方向と運動方向の関係                   実際のエクササイズでは、解剖学上の機能通りにはいかないケースが多々あります。トレーニング中の自分の動作、お客様の動作チェックを忘れずに!

6.動作速度
トレーニングを極めて高速で行った場合、抵抗の方向と関係なく筋肉に対しての負荷・刺激は大きくなります。トレーニング種目や自分(お客様)の目的に応じて、適切な速度で動作を繰り返しましょう。

 

まとめ

健康、ボディメイク、パフォーマンスアップに寄与するトレーニングですが、やり方次第ではかえって健康を損なってしまいます。今回紹介したポイント、注意点を念頭においておくようにしましょう。

レジスタンストレーニングの3大ポイント!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ