NEW

「初心者こそパーソナルトレーナーをつけるべし!」バズーカ岡田氏に聞く、ジムデビュー&ジム再開の注意点

【この記事のキーワード】

, ,

バズーカ岡田氏

◆前編はこちらから

 コロナ禍で約2カ月にわたり自粛生活が強いられる中、自宅での筋トレに目覚め、本格的なジムデビューを考えている人も多いのでは? そこで先日、『ビジネスパーソンのための筋肉革命』(KADOKAWA)を上梓した骨格筋評論家で日本体育大学准教授のバズーカ岡田こと岡田隆氏に、初心者がジムデビューの際に気をつけるポイントなどを聞いた。

***

――筋トレ初心者がジムに通うメリットって、どんなところなんでしょうか? 

バズーカ岡田氏(以下、岡田) まず、設備的な面でいうと、専門的なマシンがあるので、狙ったところにピンポイントで刺激を入れやすい。あとは重りを2.5kg刻みなど、細かく上げられるので、成長を数字で感じやすいという利点があります。

――初心者がまずやるべきマシン、種目はありますか?

岡田 マシンひとつとっても、使い方のコツとかポイントがあるので、初心者ほどパーソナルトレーナーをつけたほうがいいですね。専門家に体を分析してもらって、「このフォームでこのマシンをやってください」と教えてもらったほうが明らかに早い。お金さえ払えば近道できるので、絶対やったほうがいいと思います。あとは習ったことを自分でやればいいだけです。間違ったフォームで覚えてしまうとあとから直すのが大変ですし、ケガにもつながりますから、最初が肝心です。

――自分に合ったパーソナルトレーナーって、どう見つけるんですか?

岡田 どこのジムも体験入会があるので、いくつか受けてみて、比べるのがいいでしょう。嫌だなと思ったら、契約しないほうがいいですよ。ほかにきっと合う人がいるので。僕もいろいろなトレーナーを育成していますが、やっぱりひとりひとり個性が違います。あるお客さんからは評判があまりよくなくても、別のお客さんからの評判はいいとか、ザラにありますからね(笑)。

――ジムに通い始めても、自宅でのトレーニングは続けたほうがいいんでしょうか?

岡田 ジムでのトレーニングで十分追い込めているなら自宅ではやらなくてもいいですが、それもトレーナーと相談したほうが早いですよ。「家でトレーニングしたいんですけど」って相談したら、「これやってください」と指示がありますし、自宅はナシでジムだけでがっつりという人には、そういうメニューを作ってくれます。

――各ジムでは感染予防の観点からさまざまなルールが徹底されていますが、ただでさえ慣れていないマシントレーニングをマスク着用でやるのは、結構しんどそうですね……。

岡田 マスクは他人への飛沫感染を防ぐという上では大事ですが、鼻から入った空気は鼻の奥を冷やします。鼻の奥は脳と近いので、特に自律神経の中枢を冷やせる。自律神経は体温調節の役割を担っているので、鼻をふさいでしまうことで、鼻に入ってくる空気が暖かくなってしまって、脳が冷えません。そうすると、熱中症リスクが上がってしまいますね。

 いま大型ジムでは、マスクを少しでもずらすと注意されたり、ひどいところだと「退会館してくれ」とまで言われるそうです。敏感になっている人が多いのはわかりますが、鼻だけ出しても飛沫のリスクはそこまで上がらないんですけどね(苦笑)。一方、パーソナルジムは、基本トレーナーと1対1なので、不特定多数の人がいる大きなジムよりは感染リスクは低いといえるかもしれません。トレーナーと少し離れたらマスクを外せますし。

Pick Up

「初心者こそパーソナルトレーナーをつけるべし!」バズーカ岡田氏に聞く、ジムデビュー&ジム再開の注意点のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ