NEW

ジムに通う前にマスターしたい3つのこと

【この記事のキーワード】

,

ジムに行く前に家でマスターしたい3つのこと! 
 
こんにちは!運動嫌い専門トレーナーのそねだです(^O^)/ 
 
運動嫌いでお金もかけたくない方はこんな思いがあるかと思います。 
 
「私にはまだジムは早い」 
 
「ムキムキの中で運動するのは気まずい」 
 
「運動にお金をかけたくないから家で完結したい」 
 
「ジムに行ってもなにしていいのかわからない」 
 
あるあるだと思います。 
 
ジムで聞いてもないのに指図してくる人が居てもう行きたくないって聞いた時には

本当に腹立たしかったですね~(笑) また運動嫌い増やしたなー!って

大概機能解剖を無視した教えだったりしますね。 
 
ということで、今回はジムに行きたくいけど運動はしといた方がいいと感じる人向け! 
 
「最低限これだけできればジムでもジムでも困らない3選!」 
 
というかこの3つができる人はパーソナルトレーニングでも色んな種目ができる印象です。 
 
はい! 
 
1つ目 
 
「柔軟」でっす! 
 
めちゃくちゃわかりやすく言うと立って膝を曲げずにつま先タッチです。 

View this post on Instagram

10日でつま先タッチ📝 つま先が触れないと運動の効率が非常に悪くなります! つま先触れないと *脚痩せのためのトレーニングが前腿を太くさせたり、、、 *怪我しやすくなったり、、、 *筋トレの消費カロリーが少なくなったり、、、 股関節を使うエクササイズほぼ全て効率悪いです❌ 最近特に思うのは筋トレは誰かれしていいものではないという事。 整えたり、ベースがないと毒でしかないなと、、、 種目説明 トゥータッチ プログレッション ①内股にタオルか何か挟み返せるものをはさみ つま先 あるいはかかとに段差を用意します。 . どちらも地面から かかと か つま先が離れないようにします。 ②息を吸って吐きながらつま先をタッチします。 ③手をあげるタイミングで息を吸い また吐きながらつま先をタッチします。 ④これを繰り返します。 ポイント *目線は必ず後ろ側を見ます。 *息は吐き切る *膝は曲げてても爪先を触る 退屈ですが運動の効率がグッと上がります🙋‍♂️ #buttwink #externalcues #deadlift #DL #Fitness #rehab #tspinemobility #diet #bodybuilding #powerlifting #mealprep #openscissorssyndrome #thoracicoutletsyndrome #backpain #fitbox #mobilityfirst #ダイエット #トレーニング パーソナルトレ ーニング #腰痛ファジーカー #腰痛ビキニコンペティター #フィジーク #ビキニ #パーソナルトレーナー #池袋のパーソナルトレーナー #レンタルジム #ファンクショナルトレーニング #トレーニング #シェアリングエコノミー

A post shared by KEN-ICHI SONEDA (@kensone817) on

こんな感じです。 
 
 
と 
 
首が前に出ないように背中で指先同士が触れるかどうかです。

図のような動作です。 
 
 
これらができるように股関節回り肩甲骨回りのストレッチを

しっかり行ってみてください! 
 
 
2つ目 
 
「腕立て伏せ」です!
 
腕立て伏せをどんな手幅でも綺麗に15回できれば二の腕・上背部・腹部を効率良く鍛える土台ができます。 
 
これ出来るだけで様々な動作の安定性が高まるのでめちゃくちゃ効率言い訳ですよ! 
 
お得なんです! 凝った種目考えるよりは腕立て伏せしましょう。 
 
 
 
三つ目 
 
「自重スクワット」です! 
 
すいません、急に滅茶苦茶ハードル上げました(笑) 
 
自重だろ?楽勝だろ!っていう声もあると思いますが姿勢不良や肩凝り腰痛、 
 
身体が硬い人にはとっても難しいです。 
 
↓細かいやり方です

View this post on Instagram

. 今回は、スクワットのポイントについてです。 . スクワットフォームが難しい筋トレ、TOP3に入るので、 なかなか厄介な種目です。 . でも、綺麗にできると、 . スタイルが良くなる筋トレTOP3にも入るので、 おすすめ種目です。 . ポイントは大きく4つ . 『1.背中は、まっすぐ』 『2.膝は外に向ける』 『3.爪先は30°外に向ける』 『4.頭を引く』 . 1.『背中は、しゃがんだときにまっすぐ』 反り腰になったり、丸くなったりしやすいので、腰をまっすぐにします。 . 2 .『膝はしゃがんだときに外に向ける』 しゃがんだときに膝は内側に入りやすいので、爪先より外に向けます。 . 3.『爪先の向きは外に30°向ける』 足部の向きは色々ありますが、重りを扱うときは外に30°ほどの角度だと、脚が使いやすくんります。 . 4.『頭を引く』 頭は背骨のラインと揃えます。顎が上がりすぎたり、下を向いて、頭が前に出ないようにします。 . この4つが崩れない範囲でしゃがみます。 フォームを崩してまで、下にしゃがむと膝を壊したり、 シルエットが崩れるので注意してやってください。 . 10回を3セットやってみましょう . ✳️ロジカル ⭕️背中がニュートラルを保てないのであればコアの活動が低い。またはどこかの関節のモビリティが低下している。 ⭕️膝を外見向けることで足部のショートフット(前足部回内、後足部回外)を作る。そしてCPP(クローズドパックポジション)により地面からの力を逃さないようにする。 ⭕️前足部を30°外足に向けることで、ボトムでの上前腸骨極と大腿骨の衝突を回避する。 . #スクワット#体幹トレーニング#サロン#整体#ストレッチ#オンライン#ボディメイク#ウェスト#引き締め#脚痩せ#リハビリ#トレーニング#パーソナルトレーナー#パーソナルジム#脂肪燃焼#歪み#美脚#免疫力アップ#コアトレ#痩せ#ダイエット#貧血#姿勢改善#フィットネス#エクササイズ#筋トレ#ベースボディ#コンディショニング#赤坂#クマトレ

A post shared by 【睡眠時足つり改善トレーナー】熊田 純一郎 (@kumada_junichirou) on

Base BODY CONDITIONING の熊田のこの投稿滅茶苦茶お気に入りです! 
 
日本でこれほど簡潔だけど適切にまとまってるスクワットの投稿みたことないですね~ 
 
このスクワットができたら本当のヒップアップのスタートラインです。 
 
この三つが綺麗にできたら恥ずかしがらずにジムの門を叩いてはいかがでしょうか? 
 
ここまで作れたら伸びしろしかないので是非自重にプラスして重さを持ってみましょう 
 
きっと身体づくりがすこーし楽しく感じるはず!!! 
 
曽根田 健一 
IG: @KENSONE817 
https://www.instagram.com/kensone817/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading 
Mail:  kensone817@gmail.com 
パーソナルトレーニングのお問い合わせはインスタDMかメールにて受け付けております。 

Pick Up

ジムに通う前にマスターしたい3つのことのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ