NEW

西欧人のような”上向きのお尻”は手に入るのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  みんな大好きなプリケツ! どうすれば西欧人のような上向きのお尻になるか、特に女性の方は気になりますよね。後ろ姿一つにとっても、垂れ下がった大殿筋は老けて見える原因になります。美しいスタイルを手に入れるためにも、大殿筋を鍛え、効果的にヒップアップしていきましょう。

【この記事の内容】

1 日本人にも可能なのか?
2 上向きのお尻の作り方
3 まとめ

1 日本人にも可能なのか?

 まずは、日本人にも作ることができるかどうか、という点においてお答えしましょう。

「誰でも上向きのお尻をつくることは可能です」

 実は、本当に誰でもできます。もちろん例外の方もいらっしゃいますが、ほとんどの方はできます。

 作り方の前に、まずは”お尻が上向きになっている”ということがどういうことなのか説明します。それはとてもシンプルです。

① 大殿筋がある程度発達していること

② 骨盤が前傾していること

 この2つが、いわゆる上向きのお尻です。

 

2 上向きのお尻の作り方

 作り方はとても単純です。

 骨盤が前傾状態で行える種目、かつ伸張性負荷を多く乗せられるトレーニングを選ぶことです。

 具体的には以下になります。

▼骨盤前傾で伸張性負荷

・スクワット
・デッドリフト

 有名な種目であれば、この2つになります。

 もちろん細かいことをいえば、仙骨がスムーズに動かせる、脊柱の伸展ができる、などいろいろとありますが、説明が複雑になるので省略します。

 まずは、骨盤前傾で伸張性優位になる種目であるスクワットとデッドリフトを行うことが、最も効率良く上向きのお尻を作っていく手段となります。

 実際の現場では、さらに多くの解剖などの知識によって対応可能ですが、一個人で行うにはまずここからがよいでしょう。

 

3 まとめ

 今回ヒップアップについて取り上げたのは、あまりにヒップアップに対する微妙な記事を多く見かけたためです。有名なYouTuberやインスタグラマーなどが様々なトレーニングを紹介していますが、基本的には動画としてのパフォーマンス要素が高いと思います。実際に行うべきこととしては、基本&基本がおすすめです。

西欧人のような”上向きのお尻”は手に入るのか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ