NEW

元プロサッカー選手が教える「レスト時間コントロール」のススメ

【この記事のキーワード】

,

 負荷を高めるため、筋力がアップしたかを実感するために、ウエイトの重さばかりに目が行きがちですが、実はレスト(休憩、インターバル)をコントロールする方が、はるかにキツいことに、皆さんうすうす気付いているかと思います。

 それなのに、完全に目を背けている方が多いのではないでしょうか?(※完全に、私です)

 トレーニングしていて、

「よし、次のセット行こう!」

 と自分にハッパをかけて、

「いや、ちょっとまだ回復仕切ってないな…」
「もう10秒…」

 挙げ句の果てには、携帯チェックして、気づかないうちに30秒、1分と休んでしまうこともしばしばあるかと思います。

 もしかしたら、タイマー、ストップウォッチが「一番活躍する時間」「一番効果を発揮してくれる時間」は、休憩時間の計測なのかもしれません。

 そしてストップウォッチは、どんなマシーンよりも、器具よりも「自分を追い込むのを手伝ってくれるツール」なのかもしれません。

 回復し切っていないタイミング、自分が決めたタイミング以外で次のセットに進むのは本当に厳しいです。

 だからこそ、レストの時間をコントロールして、トレーニングの負荷を高めつつ、最短で最大の効果を発揮して頂きたい!

 レストの時間は、種目や回数にもよりますが、私は目安を【60秒】に設定して、種目別に微調整しています。

 体幹トレーニングも、60秒やって、60秒休む、が基本です。

(※以前紹介した、「タバタ式トレーニング」20秒・10秒 という異常なトレーニング方法もありますが…)

 休憩をコントロールするには、余程自分に対して厳しくならなくてはなりません。

 いくらでも妥協することは簡単です。

 そして、私もセルフトレーニングの時は、ついつい妥協しがちです。

 そういった自分の甘さを克服するためにも、トレーナーの存在が大切になってくると思います。

 時間管理を気にせずにトレーニング出来るノンストレス…

 まずは、次回のトレーニングまでにスマホやウェアラブル端末に、ストップウォッチのアプリをダウンロードしてみて下さい!

Pick Up

元プロサッカー選手が教える「レスト時間コントロール」のススメのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ