NEW

「膝を前に出さないスクワット」は間違っているわけではない

【この記事のキーワード】

,

イメージ画像(写真ACより)

 スクワットにもいろいろな種類がありますが、最近は

「膝をつま先より前に出さない」

 というフォームを重視されていします。

 これは、膝がつま先より前に出るスクワットが間違っているというわけではなく、効かせる場所が変わるだけの話です!

 では、なぜ近年スクワットは膝を前に出さないフォームが推奨されるのでしょうか?

 答えの一つは、

【腿裏、お尻に効かせやすくなる】

 から。そしてもう一つが、

【膝に負担がかかりにくくなる】

 だと思います。

 しかし、腿前の“ブレーキ筋”を鍛えようと思ったら、スクワットは逆に膝を前に出していく必要があります。

 また、片足でのスクワットも、膝をつま先よりも前に出さずに行うのはかなり難しいです。

 昔、「ウサギ跳び」というトレーニング(罰則?)がありましたが、やりすぎて膝を痛めてしまう若者が多く出て問題になりました。

 膝が前に出るスクワットもフォームとしては似ていますが、回数やフォームさえ間違えなければ、下半身のトレーニングとしては高い効果を発揮すると私は思っています。

 特に、ジャンプ力アップや、ターンの素早さを養うには腿前の筋力も大切になってきます。

 意識すべきは、

【どこの筋肉に効かせたいのか】
【どんな筋肉や、動きを習得したいのか】

 そして、しなやかな動き、筋肉を手に入れるには、沢山の種目のトレーニングを総合的に行う必要があると思います。

 膝をつま先より前に出さないスクワットは、より、腿裏やお尻に効かせたい時に意識して行ってみて下さい!

Pick Up

「膝を前に出さないスクワット」は間違っているわけではないのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ