NEW

筋肉に刺激が入らない人がすべきこと

【この記事のキーワード】

筋肉に刺激が入らない人がすべきことの画像1
  こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 筋トレしているのに、効かせたい部位に刺激が入らないという経験はありませんか?

 背中を鍛えようとしてるのに力こぶに力が入っていたり、胸を鍛えようとしているのに二の腕ばっかり使っていたり、鍛えようとしている部位に効いていないと落ち込みますよね。

 そんな方達に一つ対処法をお教えします。

 それは鍛える順番を変えることです。

筋肉に刺激が入らない人がすべきことの画像2

 例えば胸が効かない人なら、胸を鍛える時に同時に使ってしまう筋肉をあえて先に鍛えてあげるのです。

 胸は、肩の水平屈曲という動きが1番効率良く筋肉を働かせることが出来ます。

 水平屈曲を取り入れた代表的な筋トレはベンチプレス

 ベンチプレスの際には肩の水平屈曲+肘の伸展が起こります。

 肘の伸展といえば上腕三頭筋(二の腕)が強く働くので、ベンチプレスなどで
胸を鍛える際、上腕三頭筋を胸よりも使ってしまうことがよく起きてしまうんです。

 そういう時にするべき事は、上腕三頭筋をあえて先に鍛えてあげる。そうすると上腕三頭筋が疲弊するので、胸の筋肉を使わざるをえなくなります。

 筋トレをする際は、1つの関節を使うのか、複数の関節を使うのかによって筋トレの種類が変わってきます。

筋肉に刺激が入らない人がすべきことの画像3

 1つの関節を使った筋トレをアイソレート種目といい、複数の関節を使った筋トレを
コンパウンド種目と言います。

 ですから、先にアイソレート種目で1つの筋肉を単独で鍛え、その後、コンパウンド種目で鍛える事で、アイソレートで鍛えた筋肉の動員を減らす、という筋トレ法が出来るのです。

 この方法は、他の部位を鍛える時にも使えます。

 例えば広背筋(背中)を鍛えるため、懸垂をしたとします。しかし、懸垂の動作は、肩関節の内転+肘関節の屈曲のコンパウンド種目ですから、懸垂で使う上腕二頭筋を先に鍛えてあげるのです。

 上腕二頭筋は肘関節の屈曲動作で強く働きますから、アームカールなどがいいでしょう。

 上腕二頭筋を先に鍛えてから懸垂をすると、肩関節の内転でのみ上体を持ち上げようとする訳ですから、広背筋にうまく刺激が入るという魂胆です。

 もし狙った部位に効かせられないという方は、筋トレの順番を変えるということをやってみて下さい。

 特に筋トレ初心者の方は筋肉の使い方というのが分からないと思いますので、
オススメの方法です。

筋肉に刺激が入らない人がすべきことの画像4

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

筋肉に刺激が入らない人がすべきことのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ