NEW

【美しい足首をつくる底屈と背屈って?】

【この記事のキーワード】

, , ,

ALOHA~!
講師歴30年超え メディア出演3500本超えの

ウォーキングプロデューサーOK和男です!


久しぶりの外出で、足の指が痛い…

久しぶりに歩いたら、脛(すね)がつった…

久しぶりに走ったら、裏腿がつった…

そんな体験をした人は、今回の足指・足首のストレッチを実践して「退化したあし」を蘇らせましょう。

 

≪足指と足首の動き≫
聞きなれない言葉かもしれませんが、普段立ち上がったり・歩いたり・走ったりしているときに私たちの足首は「底屈」「背屈」という動きを繰り返しています。

簡単に言えば、底屈はつま先を下げる動きで、背屈はつま先を上げる動きです。

例えば、歩くときに躓かないように背屈させて(つま先を上げて)踏み出して、推進力を得るために地面を押すようにして底屈させるように(つま先を下げて)使っています。


≪2020年「」だからこそ見直したい理由≫
足首の「底屈」「背屈」という動きは、普段から足指・足首をしっかりと使って歩いていれば、毎日数千回は繰り返し行われている動きです。しかし、外出自粛や在宅ワークまたは怪我などの事情で極端に歩行量が減少してしまうと、動かす機会が激減してしまいます。

その結果、周辺の機能が低下していきます。足指・足裏・足首と言った人体の土台部分の機能低下は、予想外に広範囲に影響を及ぼしてしまいます

全身のバランスの悪化や身体の不調を招く前に、まずはしっかりストレッチから始めてみましょう。


今回は、この時期だからこそ、足の指や足首の動きに意識を向けていただきました。

次回は実際に、自宅で簡単にできるおすすめのストレッチを公開します。

お楽しみに。
マハロ~

【美しい足首をつくる底屈と背屈って?】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ