NEW

水泳のフォーム改善のためにオススメな方法

【この記事のキーワード】

, , , ,

徐々にプールにお客さんが戻ってきています。
この自粛中で、泳げずに待ち遠しかった人も多かったのではないかな。
 
 
私も、人生でこんなにプールを入ることすら全く見ない生活は初めてだったのかもしれないです笑
 
 
今日は、プールでフォームの改善がうまくいかない人のトレーニングのおすすめの陸上での組み立て方をご紹介。
 
 
 
 
私は、水陸両用トレーナーとしてプールだけではなくジムでトレーニングの指導をしているので陸上でのイメージが大事とよく言っています。
 
 
私の考えでは、陸の上でできない事は水の中では絶対にできないと思っています。
 
なぜならば、地面に足をついて安定している場所の方が明らかに体を動かすのは簡単であり
陸上より、圧倒的に不安定な水の上のことを考えると
陸上でできなければ、水の中では出来るないと言えるでしょう。
 
 
例えば、水の中でうまく水をつかめないと感じるのであれば
陸上で、鏡の前でフォームを見直してみると上手く出来ていないでしょうし
背中の動かし方を正しく動かせていない可能性もあります。
 
 
逆に言えば、陸上で高度なイメージを持つ事ができ
フォームを論理的に尚且つ合理的に動かす事ができれば
水中でもきっと上手くいく確率が上がるでしょう。
 
 
私は思います。
 
水を上手く掴めない、腕をうまく回せない、沈んでしますなどの、そもそもフォームに問題がある事は陸上でも正しい動かし方ができていないでしょう。
 
 
なぜ、水中でうまく掴めないのか
それは、陸上で正しい動作を身につけていないから
では、なぜ陸上で正しい動作ができないのでしょうか?
 
体が硬いから諦めればいいのか?
筋肉が少ないから諦めるしかないのか?
年齢的なもので関節が衰えてきてしまってどうしようもないのか?
 
 
私は言います。
 
 
「やった事ないからだけです」
「知らないだけなんです」
 
 
 
そう、一度もその動作をやった事がないから体や脳は
その動作を知らないので、出来ないんです。
 
 
単純にして明解。
 
 
 
ここがポイントなんです。
 
 
 
よくあるのが、
肩甲骨が硬いから全然腕回らないんです。
体が硬いから、うまく動かせないんです。
 
 
いえ違います。
 
 
正しい動きを知らない覚えてないからうまく動かせないから
腕が回らないのです。
 
 
 
もちろん怪我をされてしまったりして物理的に動かないものは仕方なく
その人にあった動かし方を探していく事になりますが
 
 
そもそも、人の体にとって動かしやすいポジション
動かしにくいポジションが存在するんです
 
 
肩甲骨が上がったままだと、腕は回しにくい構造に人間はなっているんです
 
 
なのに、遠くに手を伸ばして伸びのある泳ぎにしなくてはいけないと思うがあまり
 
肩甲骨が上がったまま腕を回してしまうんです
 
 
そして厄介なのが
自分は肩甲骨を上げてると感じていないので、これに気づかないんです。
 
 
上げてる事も気づけないので、下げる事は出来ません。
 
 
なので私は、まずは肩甲骨が上がっていたと理解してもらい
そこから、肩甲骨を下げる練習をして
 
肩甲骨を下げながらのトレーニングにシフトしていきます。
 
 
実際にYouTubeでこの映像が載っているのでぜひ見てみてください。
 
 
 
バタフライで腕が回りにくいのであれば
肩甲骨が上がっていた事の気づきから、下げる練習をして、トレーニングに用いて、プールに戻ってくる。
 
これが本来のフォームの改善の仕方なんです。
 
 
 
水の中で、1人で気付くのはかなり至難の技です。
 
 
水泳選手ですらそれは容易ではありません。
 
 
 
だからこそ、まずは陸上で鏡を見たりして正しい動きの確認を覚えるんです。
 
 
覚えた動作をトレーニングに移行するんです。
 
 
 
そのトレーニングの感覚を、水中動作に繋げるんです。
 
 
 
1人でもできます。
 
 
もちろんトレーナーやコーチがいれば良いでしょう。
 
 
しかし、正しい動作が分かれば必ず1人でも正しい動作を身に付けられます。
 
 
やり方等は、YouTubeで随時更新させていただきます。

これからYouTubeを投稿するものは、ジムでできるフォーム改善のためのジムライフをご紹介したいと思います。
 
 
是非コーチやトレーナーに頼めない環境の人は、YouTubeを見ながら実践してみてください!
 
 
もう一度言います。
 
できないのは、
動かし方を知らない
体がやった事がないから上手く動かせないだけ。
 
知識と体が正しい動きを覚えれば8割の人は改善します。
 
年齢や体力不足、柔軟性の低さはこれから言い訳にさせません!


言い訳にせず、少しでも可能性を広げるために諦めずトライしてみてください!


 体は必ず、少しずつ変化を見せるはずです。
 
 
 
 
○<おすすめ記事>水泳に筋トレは必要か

https://biz-journal.jp/fitness/2020/04/post_6895

 

△木下涼介のスイミングレッスンのホームページはこちら

なぜ泳げないのか、そのなぜにお答えします。

レッスンを受ける人があっという間に泳げるようになる秘密があります!

https://swim-versus.com

 

△木下涼介公式 LINEアカウント

木下涼介のお徳な情報や、レッスンスケジュール、トレーニング内容を更新!是非友達登録お願いします!

https://lin.ee/fkUZy4F

 

△インスタグラムはこちら

フォロー&いいねよろしくお願いします!

https://www.instagram.com/kinop_fit_swim/

 

△記事一覧はこちら

https://biz-journal.jp/fitness/author/suirikuryoyo_trainer

 

 

 

△YouTubeチャンネル

登録お待ちしてます

水泳のフォーム改善のためにオススメな方法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ