NEW

9割が見落とすウエスト引き締めの盲点

【この記事のキーワード】

,

9割が見落とすウエスト引き締めの盲点 
 
いつもアクセスありがとうございます! 
 
運動嫌い専門トレーナーとして赤坂・池袋で活動しているソネダです! 
 
 
今回は腹筋~お腹周りの引き締めについてです! 
 
ジムであらゆる腹筋してお腹痩せようとしているの見ますが、 
 
○○が抜けてる!!! 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
こんな方は要注意です! 
 
・頭が前に出ている 
・肋骨が前に飛び出てる 
・息が切れやすい 
・寝つきが悪い 
・反り腰 
(硬いところに上向きに寝て腰の下に腕が入るほどの隙間 
があれば反り腰ですよー、手のひらぐらいの隙間が理想) 
・末端冷え性 
・舌が下顎についている 
・腹筋すると腰が痛い 
・腹筋すると首が痛い 
・お尻がたれてる 
 
 
まぁ~色々言いましたがある共通点があります。 
 
写真でいうとこのような姿勢になっているのです。 
 

 
 
 
それは機能的な呼吸ができていないということです。 
 
 
機能的な呼吸ができていない影響をまとめると 
 
①姿勢が崩れて身体の動きが悪くなる。 
 
②交感神経が常に優位になりやすい。 
 
この二つがおきます。 
 
呼吸には姿勢を保持する機能が実は備わっています。! 
(こことっても大事!) 
 
その為呼吸が原因で姿勢が崩れると肋骨をはじめとする 
 
骨の位置が身体に良くない位置に変わってきます。 
 
その影響で運動効率が悪くなるのです。 
 
動きが悪くなるのです。 
その姿勢が崩れた影響が 
 
・頭が前に出ている 
・肋骨が前に飛び出てる 
・反り腰 
・腹筋すると腰が痛い 
・腹筋すると首が痛い 
・お尻がたれてる 
 
 
また、骨の位置が変わると自律神経を圧迫してしまいます。 
 
その結果が 
 
・息が切れやすい 
・寝つきが悪い 
・末端冷え性 
・舌が下顎についている 
 
という結果になっていきます。 
はい! 
 
 
ってことでまとめると 
 
 
呼吸が乱れると肋骨が前に広がって姿勢が崩れてしまいます。 
 
 
肋骨が前に出た姿勢になると・・・ 
 
・お腹が出たシルエットになる 
・腹筋運動がしにくくなる 
・交感神経を圧迫して常に戦闘モードになる 
 
(ちなみにスクワットとか出力弱くなります笑) 
 
結構最悪なんですよ泣 
 
腹筋する前に呼吸の修正ができると 
 
お腹が引っ込んで見える上に、疲れにくくなります。 
 
やっぱりなにするにも姿勢からですね~

美姿勢作って効率上げていきましょう! 
 
base BODY CONDITONINGの熊田の 
 
呼吸のHOW TO動画載せておきますので 
 
ご興味あればぜひぜひ~

View this post on Instagram

. 今回は、『呼吸』についてです。 . 「肩凝り」や「慢性的な痛みのある人」 . 「スタイルが崩れている人」は、 . 必ずと言っていいほど、 . 呼吸が上手にできていません。 . 「呼吸が上手ではない」とは、 . リラックスして深呼吸ができない状態です。 . つまり、深呼吸の際に首、肩に、 . 力が入ってしまうのは、上手に息を吸えていません。 . 試しに、仰向けになって、 . ゆっくり5秒間、息を吸ってみましょう。 . お腹に息を吸えていればOK。 . 胸に空気が入ってしまったり、 . 力んでしまうようであればNG。 . . 力んでしまう人は、 . 胸のストレッチと深呼吸を練習してみましょう。 . . 5秒吸って、7秒吐、3セット回やってみましょう。 (無理すると腰を痛めるので注意) . ✳️ロジカル ⭕️ZOAの獲得 ⭕️胸郭モビリティ獲得 . #呼吸#ゆるめる#腹筋#肩こり#美容#整体#生活習慣#ストレッチ#インナーマッスル#ボディメイク#ストレッチ#体づくり#睡眠#脚痩せ#リハビリ#トレーニング#パーソナルジム#脂肪燃焼#猫背#美脚#痩せ#ダイエット#シェイプアップ#姿勢改善#フィットネス#エクササイズ#筋トレ#ベースボディ#コンディショニング#赤坂#クマトレ

A post shared by 【睡眠時足つり改善トレーナー】熊田 純一郎 (@kumada_junichirou) on

曽根田 健一 
IG: @KENSONE817 
https://www.instagram.com/kensone817/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading 
Mail:  kensone817@gmail.com 
https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9 
パーソナルトレーニングのお問い合わせはインスタDMかメールにて 
受け付けております。 
 

9割が見落とすウエスト引き締めの盲点のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ