NEW

トレーニング前のストレッチでトレーニングの質が下がる?

【この記事のキーワード】

,

みなさん自宅でトレーニングをする方が増えていると思います。

 

トレーニングをする前に身体が硬いからストレッチをするかたもいると思います。

 

ですがストレッチの方法で筋トレのパフォーマンスを落ちてしまているのです。

本日は筋トレをおこなう前にやるストレッチの方法をご紹介いたします。

 

結論から言いますと、静的なストレッチのみをおこなってしまうと筋トレのパフォーマンスが落ちてしまいます。

まずは静的ストレッチとは何かと言いますと、一定の部位を1〜3分それ以上伸ばして続けてしまうことです。

なぜダメなのかと言いますと、この静的なストレッチは筋肉をずっと伸ばしている状態にしてしまいます。そうすると筋肉の緊張がしなくなり、筋肉収縮が起きにくくなっていきます。

研究でも静的なストレッチ後は筋の出力や筋の速度が低下したとの研究結果もあります。

ですが一概にトレーニング前の静的ストレッチはダメだとも言えないのです。

日常生活で常にデスクワークで猫背になっている方はその姿勢で筋肉が固まっている状態になっています。

その状態でトレーニングをすると効率よく筋トレができない状態になってしまいます。

あなたの今日1日の姿勢や姿勢のくせによってストレッチの方法が変わっていきます。

基本的には動きを伴うストレッチをがいいのですが、猫背の状態が常に続いてる方は、まずは静的なストレッチをしてしっかりと動きを出してから、動きを伴うストレッチをしてからトレーニングをしいくといいですので是非試してください

 

 


ーーーーーーーーーーーーーーー

🔥パーソナルトレーニング受付中🔥

男性、女性関わらず受付しております。

お問い合わせなどもお待ちしております。

パーソナルトレーナー×小顔マッサージを行っています。

料金形態


月4回 ¥20,000

月8回  ¥38,000


低価格で高品質のトレーニングを提供させて頂きます。


InstagramのDMにて『体験』と送ってください。


https://www.instagram.com/personal.2222/

トレーニング前のストレッチでトレーニングの質が下がる?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ